隕石の衝突から地球を守る方法とは?








突然ですが、もしも近い将来、隕石(いんせき)が地球に衝突すると分かったとしたら、私たちはどうすればいいのでしょう?ただ手をこまねいて見ていることしかできないのでしょうか。







いいえ、決してそんなことはありません。





実はこのような事態を想定して、すでに世界中の研究機関でいろいろな取り組みが検討されています。



そこで今回は、その具体的な取り組みについて、少しご紹介してみたいと思います。



■ 隕石(いんせき)はどこからやってくるのか?



突然、地球にやってくる隕石(いんせき)ですが、そもそもどこから飛んでくるのでしょう。



多くの場合、それらは火星と木星の軌道の間にある小惑星帯と呼ばれる場所からやってくると推測されています。



小惑星帯には、数10万〜数100万もの数の小惑星が太陽を中心に回っており、それらの小惑星や小惑星同士の衝突によってできた細かい破片のうち、地球に落ちてきたものが隕石(いんせき)の正体の大部分だと考えられています。



また、隕石(いんせき)は主に鉄とケイ酸塩鉱物からできていますが、その成分比率の違いによって、大きく「鉄隕石(いんせき)」、「石鉄隕石(いんせき)」、「石質隕石(いんせき)」の3種類に分類されます。ちなみに、先日ロシアに落下した隕石(いんせき)は「石質隕石(いんせき)」でした。





■ 隕石(いんせき)落下に対する取り組み(1) 〜早期発見〜



現在、隕石(いんせき)の衝突を回避させようという取り組みがいろいろと検討されていますが、そこでもっとも大事になってくるのが、地球に衝突する可能性のある天体の早期発見です。



危険な天体を少しでも早く発見するために、「スペースガード財団」と呼ばれる組織がイタリアを本拠地として設立されており、日本やアメリカをはじめとした世界7ヵ国が協力して、日々監視を続けています。



国内では「日本スペースガード協会」という組織が、岡山県の美星町(びせいちょう)を中心に活動をし、監視強化に取り組んでいます。





■ 隕石(いんせき)落下に対する取り組み(2) 〜衝突を回避する〜



もしも観測によって、地球に衝突する恐れのある天体が見つかったらどうするのでしょうか。



そのために、現在もそれらの衝突を回避するための研究が続けられています。



取り組みの1つとして、2005年にはNASAで「ディープインパクト計画」が実行されました。

「テンペル第一彗星」という直径3kmほどの小天体に、探査機から370kgのインパクターと呼ばれる弾丸を撃ち込むという実験で、こちらは見事に成功を収めています。現在は、この技術を応用して小天体の軌道を変えることで、地球への衝突を回避させようという試みが検討されています。



また、これとは別にESA(欧州宇宙機関)で「ドン・キホーテ計画」というものも進められています。

こちらは、直径500mほどの小惑星に、秒速10kmほどの速いスピードで宇宙機をぶつけることで、その軌道を変えることができるかどうかを検証するための実験です。





■ 本当に安心なの?



「ディープインパクト計画」や「ドン・キホーテ計画」の技術が応用できるようになれば、今後の天体衝突を心配する必要は無くなるのでしょうか。



実は、それほど簡単な問題ではありません。

というのも、今の監視体制では直径が数100m以下の小さな天体まですべて発見するのは難しいのが現状です。



なぁんだ、小さいから大丈夫…とあなどってはいけません。

この程度の大きさのものでも、地球にまともに衝突すれば、気候の変動をもたらすほどの威力を持っています。



一方で、直径が1km以上の天体であれば、現在でもほぼ確実に発見することが可能となっています。

ただし、発見してから正確な軌道を計算し、それから対処するとなると、どうしても時間がかかってしまいます。



そういう意味でも、衝突の危険性を秘めた天体については、スペースガードセンターなどで、少しでも早く発見することが大事になるというわけです。





■ 隕石(いんせき)の所有権は?



ところで余談ですが、もし地上に落ちた隕石(いんせき)を見つけた場合、それは誰のものになるのでしょう。



日本の場合には、その隕石(いんせき)が地面に埋まっているかどうかによって、所有権が違ってきます。

地面に埋まっている場合には、その土地の所有者に権利があり、埋まっていない場合には拾った人に権利があります。





■ まとめ



地球への隕石(いんせき)落下の対策としては、その軌道を直接変えて回避してしまう方法など、世界中でさまざまな取り組みが検討されています。



とはいえ、隕石(いんせき)の衝突を回避するためには、その可能性のある天体の早期発見がもっとも大事だというわけですね。





(文/TERA)



●著者プロフィール

TERA。小さいころから自然科学に関心があり、それが高じて科学館の展示の解説員を務めた経験も持つ。現在は、天文に関するアプリケーションの作成や、科学系を中心としたコラムを執筆している。