3年以上だと異動もナシ!? 入社して希望部署に配属された人はどれくらい?

写真拡大

厳しい就職活動を乗り越え、4月に晴れて会社の一員になる新入社員たち。希望の部署に入ってこんな活躍をしたい......など、いろいろな夢に心躍らせているのではないでしょうか。でも、ほとんどの企業では人事部によって配属が決められてしまうもの。残念ながら自分のやりたいこととは違う、想定外の部署に配属されてしまうという人も少なくありません。どれくらいの人が入社直後、希望どおりに配属されたのでしょうか? 社会人298人に聞いてみました。

Q.新人として入社した後、すぐに希望の部署に入れましたか?
最初の配属で入れた 50.3%
最初の配属で入れなかったし、今も希望の部署には入れていない 39.6%
最初の配属では入れなかったが、後に入れた 10.1%

約半数の人が最初の配属で希望通りの部署に入れたとのこと。ほとんどの企業では事前に本人の希望を聞くので、それが反映されることもあるようです。ただ、その確率は五分五分。約半数の人は、最初は希望していない部署に配属されたと回答しました。
また、はじめは希望の部署に配属されなかった人のうち、約2割がその後希望の部署に異動できたとのこと。それまでどれくらい時間がかかったのでしょうか。

Q.希望の部署に異動するまでどれくらいかかりましたか?
1〜2年 40.0%
1年以内 33.3%
2〜3年 20.0%
3〜4年 3.3%
4〜5年 3.3%

ほとんどの人が3年以内に異動があったよう。早い人は1年以内で、異動につながるような仕事の成果を出したり、熱心に異動願いを出したりしていたのかもしれません。逆に、3年以上経過してから異動した人はごく少数。かなりのレアケースといえるのかも。
そして、最初に配属の希望が叶わなかった人のうち、約8割が残念ながらその後も希望の部署には行けていないというのが現状。そんな中、それでも希望は捨てていないのでしょうか、あるいは違う目標を見つけたのでしょうか。心境を聞いてみました。

Q.今の状況として近いものをお選びください。
今の部署で満足しているが、希望の部署にはいきたい 28.0%
今の部署で満足しているので、希望の部署にはいかなくても良い 16.9%
今の部署で満足していないので、希望の部署にいきたい。 19.5%
今の部署で満足していないが、ほぼあきらめている。 35.6%

約3割の人が現在の部署で満足しているものの、やはり今でも希望の部署にいきたいと考えているとのこと。やはり夢は簡単には捨てられませんよね。一方、現在の部署で満足しているので、もう希望していた部署にいかなくてもいいという人も。実際に働いてみて、今まで気づかなかった意外な興味や能力の発見があったのかもしれません。また、現状に満足していない人のうち約2割の人が今でも希望の部署にいきたいと回答。3割強の人がほぼあきらめているという、ちょっと切ない結果になりました。

どんな配属になったとしても、与えられたフィールドできっちり仕事をしなくてはいけないのが社会人。自分の希望どおりの配属にならなかった場合、異動を希望し続けるのか、別の目標を設定するのか、転職をするのか......。いずれにしても働くのは自分。モチベーションが保てる道を模索したいですね。

文●スルー鈴木(ニーマルマル)
調査期間:2013年2月
アンケート対象:マイナビニュース会員
集計対象件数:298件(ウェブログイン式)