CUNEが謎のムービーで新作コレクション発表?

写真拡大

 「かろうじて服」がコンセプトのブランド「CUNE(キューン)」が、2013-14年秋冬コレクションのムービーを公開した。しかし謎の物体が映っているだけで、その意図やコレクションの内容は不明だ。

CUNEが謎のムービー発表の画像を拡大

 「CUNE」が公開したムービーは、「CUNE 2013-14 A/W T.C.O.T.C」というタイトルから始まる。その後は約2分間にわたってショーケースに入った黒い物体を周囲360度から映しているのみ。エンドロールには、何かを予告するような「AUGUST, 2013」という文字が流れる。8月に何かが明らかになるようだ。

 デザイナー安田裕紀氏が立ち上げた「CUNE」は、1994年にブランドをスタートして以来、メディアの露出を避けるなど密かに展開されてきたブランド。しかし2012年を境に、「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京)」の参加をはじめ公式サイトで取引条件などを公開して新規の取引先を募集するなど、情報をオープン化してきた。2013年春夏コレクションは「気持ち悪い」というテーマで最初で最後かもしれないというランウェイショーを開催するなど話題を集めたが、今シーズンは再び謎の展開に戻ったようだ。