鶏むね肉の激ウマ料理 (15) 牛丼を鶏むね肉でつくるぞ!

写真拡大

国民食ともいえる「牛丼」。

甘辛いタレを絡めた牛肉とアツアツごはんの組み合わせは、子供から大人まで多くの人々を魅了する。

今回はそんな牛丼を鶏肉でアレンジ。

しかも、安価で節約食材ながらも「パサパサ」「淡泊」と言われがちな鶏むね肉を使うといった挑戦レシピだ。

どれだけ鶏むね肉で牛丼の味に近づけられるか……人気ブロガーの筋肉料理人さんにレシピを考案していただいた。

材料(1人分)鶏むね肉 100g / 玉ネギ 1/4個 / 小ネギ 2〜3本 / ごはん 一膳分A(醤油 大さじ1/2 / 砂糖 小さじ1 / 日本酒 大さじ1/2 / 片栗粉 大さじ1/2 / おろし生姜、おろしにんにく 少々)B(醤油 大さじ1 / 味醂 大さじ2 / 砂糖 大さじ1/2 / だし 1/2カップ)温泉玉子 1個 / 刻みのり、紅生姜 お好みでつくり方1.鶏むね肉は1cm幅に切り、ラップをかぶせて瓶の底などでたたいて半分程度の厚みに伸ばす。

これをボウルに入れてAを加え、鶏むね肉が水分を吸うまでもみ込む。

2.玉ネギを3mm幅に切ってフライパンに入れ、Bを加えて中火にかける。

煮立ったら1の鶏むね肉を1枚ずつ広げて入れる。

再沸騰したら弱火にし、2〜3分煮て鶏むね肉に熱を通す。

鶏むね肉に熱が通ったら、長さ3cmに切った小ネギを入れて火を消す。

3.丼にごはんを盛ってのりを散らし、2をかける。

温泉玉子や紅生姜をトッピングしてできあがり。

「鶏むね肉を使った牛丼風の丼です。

鶏むね肉はたたいて下味をつけ、片栗粉をもみ込むのでしっとり仕上がり、また丼のつゆにもこの片栗粉のおかげで程よいとろみが付きます。

味付けは牛丼と一緒。

鶏肉を使っているので牛丼よりあっさりとした味わいに仕上がっています」(筋肉料理人さん)。

筋肉料理人1963年6月生まれ。

佐賀県在住。

自営業のかたわら、居酒屋で料理人としても働く。

2009年からは佐賀県三養基郡みやき町保有の元民間保養施設で食文化コーディネーターとしても活躍。

趣味は料理、バイク、アウトドア、筋トレ、熱帯魚。

子供は中学生と小学生の2人。

日々料理を楽しみ、筋トレ、プチダイエットも継続中。

超人気レシピブログ「魚料理と簡単レシピ」も執筆。