「Shotgun wedding (ショットガン結婚式)」って何?【知っているとちょっとカッコいい英語のコネタ】

写真拡大

現代では「授かり婚」という言い方の方が適切でしょうが、ちょっと前までは日本でも「できちゃった婚」などという赤ちゃんに失礼な表現がありましたね。

英語圏でもその昔、まだ婚前交渉にあまり寛容でなかった時代、娘を妊娠させた相手の頭にお父さんがピストルをつきつけて責任をとらせたことから「Shotgun wedding (ショットガン結婚式)」という表現が生まれたとか。

ちょっと怖いですね。