『ワンピース』がもし実写化されるなら誰? 演じて欲しい有名人ランキング【ゾロ、サンジ、チョッパー編】

写真拡大

1997年に連載がスタートし、コミックス累計売上2億6,000万部超、昨年12月に公開された映画『ONE PIECE FILM Z ワンピースフィルム ゼット』も大ヒットと、今や国民的漫画と言える尾田栄一郎の『ONE PIECE』(現在、集英社『週刊少年ジャンプ』連載中)。

そこで今回、マイナビニュースでは「もし『ONEPIECE』が実写化された場合、登場キャラクターを演じて欲しい有名人は?」というアンケートを実施しました。

第2弾はゾロ、サンジ、チョッパー編です。

(【ルフィ、ナミ、ウソップ編】はこちらから)■ゾロを演じてほしい有名人1位:中村獅童2位:オダギリジョー3位:池内博之4位:伊勢谷友介5位:長瀬智也(TOKIO)6位:窪塚洋介7位:田中聖(KAT-TUN)8位:山本太郎8位:市川海老蔵10位:坂口憲二次点:市原隼人次点:伊藤英明”悪魔の実”の能力者でないにもかかわらず、鬼神のような強さを誇る孤高の剣士、ロロノア・ゾロ。

1位になったのはなんと歌舞伎役者・中村獅童。

「やや悪そうな風貌、頑ななまでにストイックな点からピッタリだと思う」(40歳男性・機械)というコメントにもあるように、やはり刀を扱うキャラクターだけあって、殺陣姿が決まるというのは必須条件のようです。

ほかにもオダギリジョー、長瀬智也に加え、渋いところでは池内博之という意見も。

池内ゾロ、ルックスは一番似てるかも。

■サンジを演じてほしい有名人1位:松田翔太2位:オダギリジョー3位:速水もこみち4位:加瀬亮4位:金子ノブアキ4位:成宮寛貴7位:玉木宏8位:GACKT8位:水嶋ヒロ10位:山下智久次点:亀梨和也(KAT-TUN)次点:横山裕(関ジャニ∞)そのゾロのよきライバルと言える燃えるコック、サンジ。

彼もまた悪魔の実を食べていませんが、すさまじい強さで船とクルーを何度もピンチから救います。

そんなサンジに最もふさわしい人物として選ばれたのは松田翔太。

「女好きのネタで一番おもしろいことをしそう。

黒スーツがよく似合う」(20歳未満・学生)。

おー、言われてみれば確かにぴったり。

また、ここでもオダギリジョーがランクイン。

「『くそお世話になりました』の名シーンが似合う」(28歳男性・電機)とあるように、ゾロよりは似合ってそう。

3位の速水もこみちはそのスタイルの良さもさることながら、絶対『MOCO’S キッチン』の影響大だと思うのですが(笑)、どうでしょう。

惜しくもランク外でしたが、個人的には加瀬亮のサンジ、ぜひ見てみたいです。

■チョッパーを演じてほしい有名人1位:CG 着ぐるみ および 実写は無理2位:鈴木福3位:加藤清史郎4位:若林正恭(オードリー)5位:春名風花(はるかぜちゃん)最後は船のマスコット的存在ながら、クルーの健康管理には欠かせない船医、チョッパー。

これは意外というか当然というか「CG 着ぐるみおよび実写は無理」という意見半数近くをゲット。

まぁ、動物だからさすがに仕方ないですよねー。

しかし、そんな状況の中で健闘を見せたのが鈴木福くんと加藤清史郎くん。

特に福くんは妖怪人間ベム役という実績(?)があるだけに、あながち有り得ないキャスティングとは言えないのでは?さて今回の結果、いかがでしたか? 次回は、いよいよラスト。

「ロビン・フランキー・ブルック」編です。