<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 2日目◇30日◇UMKカントリークラブ(6,470ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」の2日目。3アンダーの10位タイからスタートした20歳の堀奈津佳が10バーディ・2ボギーの“64”をたたき出し、2位に3打差をつけてツアー初優勝に王手をかけた。
あいまい対応で勘違い…単独首位に立った堀奈津佳があわや失格
 圧巻のゴルフはフロントナインだ。1番パー5では3打目が先に1.5メートルにつけていた金田久美子のボールに当たり2メートルにつくラッキーからバーディを先行させると、続く2番パー3ではベタピンバーディを奪取。さらに3番もバーディとすると勢いは止まらない。「ピンしか見えていなかった。グリーンに上がればカップしか見えなかった」。
 5番、7番は共に30センチにつけてバーディ。さらに、ミラクルは続く。8番パー5では55ヤードの3打目がピンフラッグに当たり2メートルにつく、プロゴルファー猿ばりの“旗包み”。これをきっちり沈めると、9番もバーディを奪い圧巻のハーフ“29”を叩き出した。
 後半はボギーが先行したものの、「ショットは悪くなかったので、まぁこういうこともあるかなと思った」と笑顔で切り替えると、切れ味抜群のショットを武器に終盤3つのバーディを奪取。終わってみれば自身のベストスコアとなる“64”。「不思議な感じ。現実感がなくて、夢のようでした」とゾーンに入った18ホールを振り返った。
 プロ2年目の昨年はレギュラーツアーでは20試合で賞金ランク72位に留まったが、下部のステップアップツアーでは2勝を挙げるなど着実に実績を積んだ。このオフには上田桃子と共にタイで約1か月の合宿を張り、課題のパッティングと共に「桃子さんからライン出しがヘタと言われたので練習しました」とコントロールショットにも磨きをかけた。この日も風に対して抑え目に打ったアイアンショットでバーディチャンスを量産。練習の成果をしっかりと発揮して見せた。
 ホールアウト後は、ローカルルールの処置の勘違いにより失格の可能性が指摘されヒヤッとさせられたが、LPGA競技委員会の説明不足が混乱を招いたとして不問となった。少なからず動揺は見られたが、無事単独首位で最終日を迎えることとなる。どこからでもピンを狙う攻めのゴルフで、地元の大声援を受ける大山志保との優勝争いへ挑む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新フォトを続々更新!女子プロ写真館
女子プロの今季セッティング
「アクサレディス」2日目を写真で振り返る!