大人がしっぽり飲める神楽坂のお店




神楽坂は大人の街。しっぽり飲める場所は数多いのですが、その中でも落ち着いて二人が会話でき、しかも雰囲気も素晴らしい店をチョイスしてご紹介します。彼氏彼女を連れてぜひお出かけください。



■『本家あべや 神楽坂店』うますぎる比内地鶏!



比内地鶏のうま味を知っていますか? ジューシーでぷりぷりとしており、滋味あふれる味わい。こくがあるのに、どこかアッサリ感のある飽きのこない肉の味。『本家あべや 神楽坂店』は比内地鶏を素晴らしい調理で供してくれる名店です。



味も素晴らしいですが、店内のキレイさでも評価が高いのです。まるでカフェのようなインテリアは女性に好評です。地鶏に舌鼓を打ちながら彼氏彼女としっぽり……。いいですよ!



人気店のため飛び込みで入るのが難しいお店です。デートで使うのであれば絶対に予約を入れましょう。筆者の経験で申し訳ないですが、飛び込みで入れたのは「突風の日」などの悪天候のときだけです。トホホ。



■『新東記 神楽坂店』チキンライスはいかが?



シンガポール料理のチキンライスをご存じですか? といってもケチャップライスのことではありません。漢字で書くと「海南鶏飯」という料理です。現地ではChicken Riceで通じます。



鶏肉を絶妙な加減にゆでて骨ごとぶつ切りにします。付け合わせのご飯は鶏のゆで汁、鶏スープで炊き上げた、いわば「だし」の染み込んだうま味たっぷり味。



『新東記 神楽坂店』はこのチキンライスを日本で味わえる店です。チキンライスはビールのお供にピッタリなので、二人でビールを軽やかに楽しむには最適のお店といえるかもしれません。



■『六角堂』



神楽坂にはショットバーの名店が多いのです。その中にあってこの『六角堂』には「風格」があります。快適に薄暗い店内、漂っているかすかな緊張感……。大人の男女がひとときお酒を楽しむのにピッタリです。



この店が何より素晴らしいのは、マスターのプロに徹したサービスぶりです。お酒を熟知しているマスターなので、もしお酒の銘柄などに詳しくなくても大丈夫。マスターの薦めてくれるものを試してみましょう。



お酒が注がれるグラス。これがまた吟味されたものばかり。女性はきっと手に持ったときにその心地よさに驚くでしょう。芳醇な香りのスコッチを美しいグラスに注いで、氷をカランと鳴らしてみませんか。



■『歯車』



ショットバーの名店をもう1店挙げます。『歯車』は「異空間」なバーです。なぜ異空間なのかといいますと、店内は蝋燭(ろうそく)の明かりのみで照明されていて、そのため店内はほぼ真っ暗。目が慣れてくるまで周りの様子もよく分かりません。



カウンターは松の一枚板。バックバーには酒瓶がありません。板壁です。よく見えず、かつ何もないので、まるでマスターと客が日常生活の空間から切り離されて、黒く閉じたぼんやりとした空間にぽつんといるような感じになるのです。



ひととき日常を忘れる空間を「バー」とするなら、これほどその定義にぴったりな場所はありません。ぜひ彼氏彼女と一緒に訪問してみてください。マスターのお酒の選択眼もまたお見事の一言です。



いかがだったでしょうか。神楽坂は大人の二人が似合う場所です。ぜひこれらの店を訪問してみてください。







(高橋モータース@dcp)





『本家あべや』のサイト

http://honkeabeya.com/



『新東記 神楽坂店』のサイト

http://www.sintongkee.jp/



食べログの『六角堂』のページ

http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13039560/



食べログの『歯車』のページ

http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13045080/