JAFの人に聞く、ロングドライブの前、これだけは気をつけて! というポイント

写真拡大

春になると、お花見のために車を出したり、仲間うちでドライブに出かけたりするという人も増えてくるのではないでしょうか。でもドライバーたちがアクティブになる一方で、トラブルが起きやすくなってしまうことも。どんなことに気を付けて運転すればいいの? 誰か、教えて!

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、JAF交通環境部の吉村俊哉さん。春先のロングドライブで気を付けるべきポイントについて伺いました。

■いろいろな「不慣れ」にご注意を!
−どんなドライバーがトラブルを起こしやすいのですか?

「春は、就職・転職を機にペーパードライバーがハンドルを握ったり、春休みの間に免許を取得した人が運転をはじめたりする、初心者ドライバーが増える季節。若葉マークのドライバーには、運転しやすいように配慮してあげて欲しいですね。また、長年の運転経験がある人でも、春に事故を起こしてしまうケースがあります。下記のような人は、運転する際に注意が必要です。
・ レンタカーを借りた人......春は、引越しや大人数での旅行のため、慣れない車に乗るという人も少なくありません。いつも乗り慣れている車と大きさや装備が違うことが原因でトラブルに見舞われる可能性も。自分自身が借りる際はもちろん、『わ』や『れ』のナンバーの車には特に注意を払ってください。
・ 花粉症などアレルギーを持っている人......クスリの影響で眠くなったり、運転中にくしゃみが出てしまったりということがあります。眠くならない成分が配合されている薬を選んだり、長時間運転しないようにしたりするなど気を付けましょう」

運転に慣れている人でも、もらい事故に遭ってしまう可能性も。若葉マークや「わ」ナンバーを付けた車の人が運転しやすいように配慮したいですね。

「また、車内の乾燥でドライアイ状態になり、目がかすんでしまうことも。休息はもちろんですが、目薬や濡れタオルを常備し、対策するのもいいですね」

備えあれば憂いなし! ドライアイの方やコンタクトレンズを着用している人は、ドライアイ対策グッズを用意しておいて損はなさそうです。

■春先に注意したい「ブラックアイスバーン」って?
−交通事故を起こしやすいのは、どんな場所ですか?

「ずばり、交差点です。「交通事故発生状況」(警察庁調べ)によると、交差点の事故件数は、全事故の半数以上を占めます。見通しの悪い交差点では、一時停止で安全を確認することはもちろん大事ですが、相手が止まらなかった場合をあらかじめ想定しておくことも大切です。また寒い地方では『ブラックアイスバーン』にも注意を。『ブラックアイスバーン』とは、路面の雪どけ水が夜間に冷えて凍りつくことをさす言葉。濡れたアスファルトと見分けがつきにくいので、特に注意が必要です。早春の夜は無論のこと、橋の上やトンネル出口など、日かげや風が吹きわたって冷えている場所で起きる可能性が高いので注意してくださいね」

濡れた路面だと思っていたら氷だった、なんてことも。目を凝らしてもなかなか分からないだけに、常に危険を予測しながら運転することが大切です。

■タイヤのパンクは昨年度ロードサービス出動理由の2位!
−ロングドライブをする際、気をつけたいことを教えてください。

「走る前の点検です。特にタイヤのパンクは、四輪車では昨年度ロードサービス出動理由の2位(一般道路・高速道路の合計)にのぼり、高速道路では最多の項目となっています。タイヤの空気圧やミゾの状態、傷の有無などの点検はまめに行いましょう。他に、ガス欠(燃料切れ)も出動理由として多いですね。特に、高速道路では、渋滞で動けないままガス欠に陥るケースもあります。燃料補給は余裕を持って行ってください。万が一のトラブルの際は、JAFロードサービスを呼び、高速道路では車内ではなくガードレールの外などで、安全に留意してお待ちくださいね!」

楽しいドライブのはずが、道路の真ん中で立ち往生!ということは避けたいもの。自分で点検する方法がよくわからないという方は、整備工場やカー用品店、ガソリンスタンドで、ロングドライブの前に相談してみると良さそうです。

■ひと言アドバイス
「卒業シーズンやお花見の季節になると、飲酒運転や定員外乗車も目立ちます。軽い気持ちでやってしまい、取り返しのつかない事故やトラブルを引き起こしてしまうことも。仲間うちでも決して気を緩めてはいけませんよ」

ドライブ旅行の予定を立てる際は、ドライバーの睡眠時間や休憩時間まで含めて計画することが大切。この春はぜひ、友人や仲間たちと楽しい思い出を作ってくださいね!

(山本莉会/プレスラボ)

・JAFウェブサイト
http://www.jaf.or.jp/merit/

◎「春の全国交通安全運動」は、4月6日(土)〜15日(月)まで
*4月10日(水)は「交通事故死ゼロを目指す日」です。