女性が理解できないクルマのこだわり 「反転して入車」「高速で200キロ」

写真拡大

ふだんは大人しい彼が、運転すると性格が乱暴になる。

土足での乗車を絶対に許さない……。

あなたの周りにも、このような人はいないだろうか? 今回はクルマにまつわる理解できない運転やこだわりについて、マイナビニュース会員の女性238名に聞いてみた。

■こんな運転はやめてほしい!・「異様に車間を詰める」(25歳女性/金融・証券/専門職)・「スピードの出しすぎや、駐車場に斜めに停める」(28歳女性/生保・損保/営業職)・「とにかく前にクルマがあれば抜かそうとする」(31歳女性/金融・証券/事務系専門職)・「指示器を出さずに車線変更してくる人は、理解不能です」(28歳女性/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)・「窓を開けて右手を窓にかけている人。

かっこいいと思っているのかもしれないが、ダサいし危険」(25歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)・「ポンピングブレーキをする先輩がいて、そのクルマに乗るとみんな酔ってしまうこと。

でも言えない」(28歳女性/食品・飲料/営業職)■運転中は落ち着いて!・「運転時だけ乱暴になる人」(36歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)・「抜かされることを嫌う人」(24歳女性/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)■なんでカスタマイズするの?・「やりすぎな改造」(26歳女性/自動車関連/事務系専門職)・「ルームミラーをデコり過ぎて見えない」(25歳女性/商社・卸/事務系専門職)・「クルマをいじる人。

金をかける意味が分からない」(33歳女性/自動車関連/秘書・アシスタント職)・「車体を低くするのが良いという概念が理解できない」(24歳女性/機械・精密機器/その他)■ただ、うるさいだけ!・「大音響をならして走っていく人」(24歳女性/金融・証券/営業職)・「爆音たてて走っているクルマは意味が分からない」(23歳女性/医療・福祉/事務系専門職)■全く意味が分からない!・「右ハンドルのクルマの運転席に座るのに、右足から入って、車内で体を反転させる人がいた。

左足から入ればいいのに、といつも思っていた」(31歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)■その他、理解できないあんなこと、こんなこと・「窓からたばこを捨てる」(34歳女性/不動産/事務系専門職)・「クルマの中でいい香りの芳香剤(?)を置いているつもりだろうけど、ニオイがきつくて気持ち悪くなったことがある」(25歳女性/小売店/販売職・サービス系)・「眠気覚ましのために強いメンソール系のガムを噛(か)んでコーラを飲む今の彼。

気持ち悪くならないのがすごいと思う」(23歳女性/医療・福祉/専門職)■総評最も多かった意見は、交通マナーを守らない運転に対するものだった。

「危険なのに、相手に譲らないどころか怒ったりして競争したりする人」「電話しながら運転する人は絶対ダメだと思う」「追い越しばかりしている人。

危ないしなんだか腹が立つ」などの回答が寄せられた。

また、「前車の無謀運転に対して軽い蛇行をし、プレッシャーをかける」など、乱暴な運転を嫌悪する声も目立った。

クルマに対するこだわりも人それぞれのよう。

「物の位置にとことんこだわる」「車を土足厳禁にしている人」など、他人から見れば「どうでもいい!」と思ってしまうことも少なくなさそうだ。

また、運転中に「手を握ってないとダメな人がいたが危ない」といった驚くようなエピソードも。

運転やクルマに対する自分のこだわりが、人から見ても理解されているか、ちょっと見直してみるといいかもしれない。

調査時期: 2013年3月8日〜2013年3月10日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 女性238名調査方法: インターネットログイン式アンケート