マスターズ前ラスト試合も予選落ち、厳しい状況が続く石川(Photo by Scott HalleranGetty Images)

写真拡大

<シェル・ヒューストン・オープン 2日目◇29日◇レッドストーンゴルフクラブ(7,457ヤード・パー72)>
 レッドストーンGCを舞台に開催中の米国男子ツアー「シェル・ヒューストン・オープン」の2日目。マスターズ前の最後のトーナメントして臨んだ石川遼は、予選通過を目指してスタート。前半の2番でバーディを先行させるが、5番でボギーを叩いてしまう。結局3つのバーディを奪ったが、3つのボギーも叩いてしまった。トータル5オーバーは変わらず、118位タイと少し順位を上げたものの、手痛い予選落ちとなった。
石川遼の今季成績など
 これで石川のマスターズの前の戦歴は9試合に出場し、予選通過はわずか3回、ベストフィニッシュも「プエルトリコ・オープン」の39位タイと厳しい結果に終わった。次週の「バレロ・テキサス・オープン」は欠場し、翌週特別招待でのメジャー初戦「マスターズ」に挑む。来季の米ツアーシード権を確保するためにも、メジャーの舞台で浮上のきっかけをつかんでほしい。
 一方で予選ラウンドを終えて単独首位に立ったのは35歳の苦労人・スティーブ・ウェットクロフト(米国)。ウェブドットコムツアーを主戦場とするウェットクロフトはPGAツアーは今季初出場。初日2日目ともに“67”をマークしトータル10アンダー、最高の位置で決勝ラウンドを迎える。
 1打差の2位タイにはジェイソン・クロフト(米国)と初日首位のD・A・ポインツがつけた。世界ランク1位奪還に燃えるローリー・マキロイ(北アイルランド)はトータル1アンダー54位タイで辛くも予選を通過している。

【初日の順位】
1位:スティーブ・ウェットクロフト(-10)
2位T:ジェイソン・コクラック(-9)
2位T:D・A・ポインツ(-9)
4位T:ブライアン・デイビス(-7)
4位T:スチュワート・シンク(-7)
6位T:ビル・ハース(-6)
6位T:アンヘル・カブレラ(-6)
6位T:キャメロン・トリンガル(-6)
9位T:ジョン・ロリンズ(-5)
9位T:スコット・スターリングス(-5)他7名
118位T:石川遼(+5)他9名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
石川遼の戦いの軌跡を写真で追う
最新のギア情報とプロを目指した男が語る試打インプレはこちらから
女子プロたちの秘蔵フォトを一挙更新!女子プロ写真館