「Break a leg!(頑張れ!)」を使う場面は?【知っているとちょっとカッコいい英語のコネタ】

写真拡大

これから講演会や面接などの大仕事に向かう人にはBreak a leg! と言います。

「脚を折っちまえ!」なんて、なんだか物騒な表現ですが、これは本来、舞台に出る役者さんたちへの応援で、今でももちろん使われています。

Good luck! っていうと不吉なんですって。