英会話Webサービス運営者に聞く! 英会話上達のコツ

写真拡大

ユニクロや楽天をはじめ、社内公用語を英語とする企業が増えています。ビジネスがよりグローバルになっていくにつれて、こういった企業はさらに多くなることでしょう。でも、毎日忙しいなか、どうすれば英会話を上達させられるの? 誰か、教えて! 

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、通勤中などのスキマ時間を活用して、オンラインで英会話学習のできるサービス「Best Teacher」を運営する宮地俊充さん(http://www.best-teacher-inc.com/)。自身も英語を学習中だという宮地さんに、英会話上達の方法について聞きました。

■インプットしたら必ず口に出してアウトプットを
−英語なんて学生時代以来! 英語にブランクのある人でも、英会話力を鍛えるには一体何から始めればいいのでしょうか?

「英語をアウトプットすることで、英会話力は取り戻せます。どんなにテキスト上で文法を復習したり、本を読んだりしても、実際に他者と英語でコミュニケーションを取れないと、英語を話せるようにはなりません。他者と英語を話すことが上達への近道です」

最初のうちは完璧に正しい文法で話せなくてもOKです、と宮地さん。ネイティブが話すのを聞いたり、自分の間違いを相手に指摘されたりしながら学ぶのが大事なのだとか。とはいえ、急にネイティブと話すなんて勇気がいりそう......。ネイティブと話せるようになるための効果的なトレーニングはあるのでしょうか?

「毎日少しずつで良いので、英語の本を読みましょう。ネイティブの方に『どうしたら英語が上手くなるか』と聞くと、きまって皆『本を読め』と言います。本を読めば自然と語彙力や文法力が身につきます。また、どんな単語をどのようなタイミングで、どのような文章に組み合わせると良いかといったテクニックを得るためにも、読書は最適です」

英語での読書は、通勤時間や寝る前のちょっとした時間でもできそう。また、本からインプットをしたら必ずアウトプットをすることも忘れずに!

■ネイティブの話す英語を盗もう!
「極端な話、ネイティブの真似をすれば、英語を話せるようになります。赤ちゃんが人の言葉を学ぶとき、両親の言葉を真似しながら覚えていきますよね? 英語もそれと同じです。ネイティブ同士の会話を側でじっと聞いているだけで、学ぶことは多いはず。どのタイミングでどんな言い回しをしているのか、単語のイントネーションや発音はどうかを学ぶのに、ネイティブの会話を聞くのは効果的です。ネイティブの会話を聞いてポイントを押さえたら、次はその会話に加わってみましょう。あまり英語に自信がなくても、とにかく発言することが大事です。それに対して相手は返事をくれたり、間違いを指摘してくれたりするものですよ」

最近は英会話スクール以外にも、英会話カフェやバーをはじめ、外国人と話せる場所はすごくと増えましたよね。ネイティブと会話をできる場所に自ら足を運び、楽しみながら英会話を会得したいところ。

とはいえ、「続けること」が何よりも難しいんですよね......。「英語を使って何をしたいかがはっきりしていると上達が早いです」と宮地さん。まずは「英語を学ぶ目的」を自身の中で整理してから、上記のトレーニング方法を参考に、英語の学習を始めてはいかがでしょうか。(池田園子+プレスラボ)