小学生ってどれくらい減っているか知っていますか?



以前、ランドセルのメーカーさんに取材に伺った際、「新小学生1年生の数が本当に減っていて大変」という話を聞きました。出生率の低下で子供の数が減っている現在、小学生全体の数も過去に比べて大きく減っているそうです。では、どれくらい減っているのでしょうか? 小学生の数を調べてみました。





まずは現在の小学生の数を調べてみました。



文部科学省によると、平成24年(2012年)時の全国の小学生の数は、男女合わせて676万4,619人。全6学年のうち、一番少ないのが小学1年生で、106万1,279人となっています。年々、小学生の数が減少していることが分かりますね。



次に過去40年の小学生の数を調べてみました。



昭和47年(1972年)……969万6,133人

昭和48年(1973年)……981万6,536人

昭和49年(1974年)……1,008万8,776人

昭和50年(1975年)……1,036万4,846人

昭和51年(1976年)……1,060万9,985人

昭和52年(1977年)……1,081万9,651人

昭和53年(1978年)……1,114万6,874人

昭和54年(1979年)……1,162万9,110人

昭和55年(1980年)……1,182万6,573人

昭和56年(1981年)……1,192万4,653人

昭和57年(1982年)……1,190万1,520人

昭和58年(1983年)……1,173万9,452人

昭和59年(1984年)……1,146万4,221人

昭和60年(1985年)……1,109万5,372人

昭和61年(1986年)……1,066万5,404人

昭和62年(1987年)……1,022万6,323人

昭和63年(1988年)……987万2,520人

平成元年(1989年)……960万6,627人

平成2年(1990年)……937万3,295人

平成3年(1991年)……915万7,429人

平成4年(1992年)……894万7,226人

平成5年(1993年)……876万8,881人

平成6年(1994年)……858万2,871人

平成7年(1995年)……837万0,246人

平成8年(1996年)……810万5,629人

平成9年(1997年)……785万5,387人

平成10年(1998年)……766万3,533人

平成11年(1999年)……750万0,317人

平成12年(2000年)……736万6,079人

平成13年(2001年)……729万6,920人

平成14年(2002年)……723万9,327人

平成15年(2003年)……722万6,910人

平成16年(2004年)……720万0,933人

平成17年(2005年)……719万7,458人

平成18年(2006年)……718万7,417人

平成19年(2007年)……713万2,874人

平成20年(2008年)……712万1,781人

平成21年(2009年)……706万3,606人

平成22年(2010年)……699万3,376人

平成23年(2011年)……688万7,292人



ここ40年間では、昭和56年時の小学生の数が一番多く、1,192万4,653人です。これは第二次ベビーブ−ムの影響といわれています。それ以降は、年々小学生の数は減少しています。



ちなみに、文部科学省が統計調査を開始した昭和23年(1948年)以降で、最も人数が多かったのが第一次ベビーブーム世代が小学生となった昭和33年(1958年)。数は1,349万2,087人でした。これと比べると、現在の小学生の数は約半分になっています。



次に、小学生の受け皿となる小学校の数を調べてみたところ、平成24年度に集計された全国の小学校の数は、



・公立校……2万1,166校

・私立校……220校

・国立校……74校



合計……2万1,460校



となっています。



小学生と同じく、小学校の数も年々減少しています。過去、一番小学校の数が多かったのが昭和32年(1957年)で2万6,988校。小学生の数と同じく、この年代をピークに小学校の数も右肩下がりとなっています。



少子化に対するさまざまな政策が行われていますが、出生率はここ数年非常に低い数値のまま。厚生労働省の専門機関によると、このまま少子化が進めば、2060年には現在約1億3,000万人の日本の人口が約8,600万人になってしまうそうです。



政府も新しい政策をいくつも打ち出すとのことですので、出生率が少しでも回復して子供たちが増えるといいですね。



(貫井康徳@dcp)