<エンジョイ・ジャカルタ インドネシアPGA選手権 2日目◇29日◇エメラルダ・ゴルフ&カントリークラブ>
 ワンアジアツアーとJGTOの共同主管競技「ジャパンゴルフツアーアジアシリーズ」の第2戦「エンジョイ・ジャカルタ インドネシアPGA選手権」の2日目。首位タイから出た韓国の宋永漢(ソン・ヨンハン)がこの日“66”をマーク。スコアを6つ伸ばしトータル13アンダーで単独首位に立った。
 1打差の2位タイグループには藤本佳則、武藤俊憲、アーロン・タウンゼント(オーストラリア)の3選手がつけている。その他日本勢では3打差の5位タイに横尾要、片山晋呉、宮里優作、谷原秀人の4選手が、4打差の10位タイには池田勇太と宮本勝昌が入った。
前戦の「タイランドオープン」では第2ラウンド終了時点でトップ10に入っていた日本選手は1名のみだったが、今回は7選手が首位と4打差以内で決勝ラウンドへ。この試合では失墜しかけた日本ツアーのプライドを見せられるか注目したい。

【2日目の順位】
1位:宋永漢(-13)
2位T:藤本佳則(-12)
2位T:武藤俊憲(-12)
2位T:アーロン・タウンゼント(-12)
5位T:横尾要(-10)
5位T:アンドレ・ストルツ(-10)
5位T:片山晋呉(-10)
5位T:宮里優作(-10)
5位T:谷原秀人(-10)
10位T:池田勇太(-9)
10位T:宮本勝昌(-9)他2名

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【初日】
沖縄の比嘉一貴が高校日本一に輝く!
ジュニアゴルファー育成財団設立へ、理事に青木功、樋口久子
【関連リンク】
最新のゴルフギア情報&試打レポート
美人ゴルファーを紹介する「今日の美ゴ女」