知っ得! 転職プチコラム (20) 外資系企業と日系企業、働き方に違いはあるの?

写真拡大

外資系企業と日系企業を比べると、外資のほうが、給与が高く実力主義という一般的なイメージがあるかもしれません。

では実際の業務においてはどのような違いがあるのでしょうか。

外資系企業の場合、自己裁量範囲が広いという特徴があります。

裁量が広い反面、自身でコントロールをしなければならないため、社員には自立心と行動力があることが求められます。

また、教育制度の面では、制度自体は整備されている企業が多いですが、分からないことは自分で調べるという風潮があるため、日本企業のように先輩がOJTで丁寧に教えてくれる環境でないことが多いようです。

また、一般的に外資系企業は福利厚生制度が少ないというイメージがあるかもしれませんが、最近では、福利厚生を設けている外資系企業も増えてきているようです。

外資系企業での働き方はこうだ、と一概に言うことはできませんが、転職を考えるなら、志望企業の労働環境や社風をよく把握して、自分が働いている姿を具体的にイメージしてみることをおすすめします。