予想以上の家賃代。これだけは妥協できない点とは?

写真拡大

新しい住まいを探している時、もし希望の条件がすべてかなう物件に出会えたら、それはそれはとてもラッキーなこと。

たいていの場合「間取りはいいけど立地がね」「日当たりはいいけど狭いよ」なんて、なかなかすんなりと決められないのが現状ではないでしょうか?「ほかの条件はいいのに、家賃が予想していた金額よりも高かった」という場合、せっかく見つけた物件をあなたはあきらめますか? それとも家賃を下げるために「ここには目をつぶろう」と妥協点を見いだしますか? そこで、「マイナビ賃貸」では、マイナビニュース会員500名のみなさんに妥協しても良い点、妥協したくない点について聞いてみました。

■妥協しても良い点は「築年数」、妥協できなのは……Q.賃貸物件探しで、想定以上の家賃代となった場合に、妥協しても良いと思える事は何ですか?(3個まで回答可)・築年数               189名・オートロック            139名・階数                118名・部屋数               104名・部屋の広さ             102名・通勤・通学の距離          79名・ベランダ              66名・立地                48名・フローリング            44名・バス・トイレ別           41名・収納                31名・周辺環境(スーパーや公園があるか等)31名・その他               7名「築年数」、「オートロック」、「階数」「部屋数」、「広さ」など、ベーシックな条件が多くを占めました。

本音を言えば、「想定以上の家賃だったら、何も妥協しないでしょ」(男性/29歳)、つまり妥協せず高い家賃を払うよ、と言いたいところですが、諸事情でどうしても予算内に収めなければ、なんてことも多いものです。

では逆に、「高い家賃を払うのだったら、ここだけは妥協したくない」というポイントはどんなところなのでしょう。

Q.賃貸物件探しで、想定以上の家賃代となった場合に、妥協したくないと思える事は何ですか?(3個まで回答可)・バス・トイレ別           242名・通勤・通学の距離          188名・周辺環境(スーパーや公園があるか等)177名・日当たりの良さ           146名・部屋の広さ             91名・築年数               67名・収納                60名・部屋数               55名・階数                49名・オートロック            41名・フローリング            26名・ベランダ              17名・その他               7名「バス・トイレ別」がトップ。

日々の生活のなかで、せめてお風呂やトイレの時間くらいはゆったりと過ごしたいもの。

譲れないポイントとして納得できる結果となりました。

また「通勤・通学の距離」や「周辺環境」などの立地条件についても、毎日ことですから、家賃が高いなりの好条件でないと妥協したくないという気持ちはわかりますね。

■一人暮らしの家賃代、みんなが適切に感じる額は?Q.一人暮らしをした際に、現在の収入に対して、最も適切だと感じる家賃代は次のうちどれが最も近いですか?・5万円以上〜10万円未満     253名・3万円以上〜5万円未満     186名・3万円未満           41名・10万円以上〜15万円未満    13名・15万円以上〜20万円未満    4名・21万円以上〜25万円未満    1名・25万円以上〜30万円未満    1名・40万円以上          1名それぞれの収入に加え、住まいに対する価値観なども総合的に考えての金額を答えていただいたわけですが、やはり、概ねみなさんの感じている一般的な家賃水準に落ち着きました。

住まいの家賃と条件、これはとても重要でデリケートな問題ですが、あらためて考えてみることは自分のライフスタイルを見直すいい機会にもあります。

どうぞみなさん、納得のいくオンリーワンの住まいを見つけてください。

(文・エスタイル)アンケート対象:マイナビニュース会員調査時期 : 2013年3月13日〜15日調査数 : 500名(男性238名 女性262名)調査方法 : 回答者限定ログイン式アンケート