イマージュホールディングス(以下、イマージュHD)が3月29日、同社100%連結子会社2社とともに展開しているファッション通信販売事業を9月2日付でセシールへ譲渡すると発表した。イマージュHDグループは事業譲渡後、化粧品や美容商品、健康商品のファッション分野以外の既存通信販売事業等に注力していくという。

セシールに「イマージュ」事業譲渡の画像を拡大

 今回譲渡される事業は、20歳代をターゲットにカタログやオンラインショップで展開する「イマージュ」ブランドの通信販売事業。子会社および同事業に関わる人員などについてイマージュHDは「現在調整中」としている。

 セシールでは今回の事業譲受によってF1層に支持を得ている「イマージュ」ブランドを新たにラインナップに加えることで、ファッション分野の企画力強化と商品拡充につなげ、20歳代から30歳代を中心とした女性顧客の新規獲得を目指すという。