NHK『つくってあそぼ』最終回は視聴率50%超え?―「わくわくさん」と「ゴロリ」に高視聴率でお礼をしたい!ネットで広がる支援の輪

NHK Eテレで放送されている、子供向け番組『つくってあそぼ』が3月30日(土)午前7時30分から7時45分(15分)の放送をもって最終回を迎える。

『つくってあそぼ』は、かつて放送されていた「ノッポさん」と「ゴン太くん」が登場する工作番組『できるかな』の後継として1990年から放送されていた番組。

【関連:Twitterの『#彼氏いません』タグが赤面妄想すぎて話題】
 
「わくわくさん」(久保田雅人)と「ゴロリ」(声:中村秀利/操演:古市次靖)の1人と1匹がメインに登場し、毎回身近な材料で様々な工作物を作って遊ぶ内容の番組。

放送開始から23年、内容はほぼ変わることなく長年子供達に愛されてきた。

その番組が3月30日の放送で最終回を迎えるにあたって、往年の子供達を中心に「わくわくさんとゴロリに有終の美を飾らせてあげよう!」とインターネットを通じ支援の輪が広がっている。

こうした呼びかけに対し、多くの人が賛同意見を表明しており、一部では「50%目標」を掲げる人も――。

朝の子供向け番組で50%の視聴率を獲得したというのは前例を聞いたことがない。そのため、実現するのはたやすいことではないが、視聴者から出演者にこうした形でお礼を表明するのはとても感動的な出来事だと思う。

実際に50%獲得できるかは本稿を執筆している時点では不明だが、もしこれを読んだ人で「わくわくさんとゴロリにかつてお世話になった!」「私もお礼を伝えたい!」と思う方は、ほんの一瞬でも構わない、是非明日3月30日(土)の午前7時30分に、NHK Eテレにチャンネルを合わせてみて欲しい。

(文:栗田まり子)

※画像:NHK Eテレの『つくってあそぼ』ページ