トヨタ、GAZOOを通じた2013年度のクルマファンづくり活動を発表

写真拡大

トヨタ自動車は29日、GAZOOを通じた2013年度のクルマファンづくり活動計画を発表した。

同社は、クルマ好き・クルマファンの拡大を目指し、GAZOOを通じてメーカーの枠を超えたクルマの楽しさづくりや、もっといいクルマづくりの活動を進めているという。

2013年度は、クルマの楽しさづくりの活動として、より多くのクルマ好きがサーキット走行やラリーを実際に体験できる場の提供を充実させるとこのと。

具体的には、市販車で参加可能な走行体験やモータースポーツイベントをサーキットレースとラリーの2軸で幅広く展開する。

サーキットレースでは、初心者でも気軽にかつ安全に走行を体験できる『GAZOO Racing ワクドキ! サーキットを走ろう!』を全国各地のサーキットで20回以上開催するほか、ナンバー付車両で参加できるワンメイクレースとして『GAZOO Racing 86/BRZ Race』を新たに開催。

ラリーでは、走行体験イベントを開催するなど、参加しやすい場づくりに努めるとともに、エントリーラリー競技である『TRDラリーチャレンジ』への参加サポートも充実させるという。