「支出の割合」を考えながら家計を管理していくのが貯金体質になれる早道!【イラスト/斎藤ひろこ】

写真拡大

子どもが成長していけば生活費の全般が増大します。それでいて、収入の伸びがその増加に追いつかなければ、赤字家計に転落しやすくなります。それを回避し、手取りが増えなくてもずっと黒字の家計を維持するためには、「支出の割合」を決めて家計を管理していくのがおすすめ。この連載で何度となくご紹介していますが、「支出の割合」とは"収入を、食費や住居費など、生活する上で必要な支出項目に配分する際、目安とすべきバランス"のこと。今回は、育ちざかりの子どもを抱え、家計管理が厳しくなってくる世帯が「支出の割合」を利用した場合、家計がどう変化していくかをお話ししていきます。

中学生以上の子どもを抱えた家庭のほうが、やりくりの悩みが増大

 私に家計相談に来られる方は、子どものいる方が過半数です。子どもの年齢はさまざまですが、家計管理に行き詰まって、深刻に頭を悩ませる例が多くなってくるのは、断然中学生以上の大きな子どもがいる家庭です。

 子どもが大きくなれば、家計のあらゆる費目がどんどんかさんでいきます。限られた収入の中で、出費ばかりが加速度的に増えていけば、家計の舵取りが難しくなるのも当然といえるでしょう。

 中学生以上の子どもがいる家庭の家計管理で、一番の問題となりやすいのが教育費です。といっても、中学までは義務教育なので、公立に進めばさして授業料はかかりません。高校に関しても、いまのところは授業料無償化制度が実施されているため、本来であればそこまで授業料がかからないものです。

 しかしながら、中学、高校にもなると、受験のために塾へ通う子どもが増えてきます。この塾代こそが、最大のネック。塾代が家計を圧迫し、赤字家計に転落している例は数限りなく存在します。

 振り返ってみると、子どもが小学校のときまでは、中学受験さえしなければ、さして教育費がかからなかった家庭も多いはず。中学校に進学してからも、余裕があったときの感覚が抜けず、やりくりにつまずいてしまった……という声は、本当によく聞かれるのです。

 そうした状況を回避するためには、たとえばいま子どもが小学生なら、"中学生になったときに、どんな出費がどんな理由でどの程度増えるか"を知っておくのが得策。もちろん、いま中学生なら、来るべき高校生時代に家計がどうなっていくか。いま高校生なら、晴れて大学生になったとき、家計がどうなっていくか――などと、前もって先々の家計の変化を把握しておくといいでしょう。

 それができれば、ある程度覚悟をして家計管理に挑むことができ、そう簡単にはつまずかなくなるはずだからです。

教育費、通信費、食費は、放っておくとどんどんかさむ!

 それでは、子どもの中学〜大学生時代に、どのような「支出の割合」で家計管理をすればいいのか――ここでは、中学生の子どもが2人いる家庭を想定し、割合の一部をご紹介していきましょう。

 中学生の親となると、多くの場合は40〜50代になるのでしょうが、昨今は40代でも50代でも、毎月の手取り収入が20万円台にとどまっている人は多いもの。有名企業に勤める人でも例外ではありません。

 そんな状況で、中学生の子どもを持つ家庭がお金を使う際に特に注意すべきなのは、先ほど挙げた教育費、そして通信費、食費あたりです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)