友人に「おごってあげるよ」というときの「I′ll pay for you.」【うっかり使うとアブナイ英語】

写真拡大

【友人に「おごってあげるよ」というときのアブナイ英語】I'll pay for you.【こんなふうに聞こえるかも】きみのこと、買うよ。

【ネイティブが使う英語】 It's on me./I'll get this.「Pay for」は「-の代金を支払う」という意味なので、まるでお友達のことをお金で買うみたいに聞こえてしまうかもしれません。

「おごってあげる」というときは「It's on me.」や「I'll get this.」など、「ここは私が」と言えばスマートです。