Amazon洋書ストア、英語の難易度別に洋書を探せるサービス開始

写真拡大

Amazon.co.jpは22日、Amazon洋書ストアにて「英語 難易度別リーディングガイド」を開始した。

「英語 難易度別リーディングガイド」は、MetaMetrics社が提供する「Lexile指数」に基づき、洋書を英文の難易度別に探せるサービス。

「Lexile指数」は、英語の読解力を客観的に測定するツールとして開発された指標で、もっとも易しい文章を「0L」とし、10刻みに指数が上がる。

例えば、J.K.ローリングの『Harry Potter and the Sorcerer's Stone』(邦題『ハリー・ポッターと賢者の石』)は880Lでアメリカの小学5年〜中学3年向けのレベル、ジョン・グリシャムの『The Firm』(邦題『法律事務所』)は680Lで小学3年〜6年向けのレベルとなり、「ハリー・ポッター」よりもグリシャムの作品の方が易しいことなどがわかる。

「Lexile指数」を活用し、難易度別に洋書を探せる機能を導入したのは、日本における通販サイトでは国内初となる。

同社の洋書ストアでは、「Lexile指数」により、10万タイトル以上の本をデータベース化。

それにより、ユーザーは過去に読んだ洋書と同一のレベルの本を簡単に探すことができるようになったという。

また、「Lexile指数別サンプルテキスト」も掲載しており、自分のおおよその英文読解レベルが確認できる。

さらに同ストアでは、レベルごとに売れ筋の洋書も紹介している。