消費税増税で住宅購入に”焦り” -既婚男性5割、女性●割が「感じている」

写真拡大

オープンハウスは27日、現在東京23区内の賃貸住宅に居住し、初めての住宅購入を検討している30代から40代の既婚男女を対象に行った「住宅購入に関する意識調査」の結果を公表した。

同調査は、3月11日から15日にかけてインターネットによるアンケートで実施され、男性100名・女性100名から回答を得た。

全体の6割(60.0%)が消費税増税に「焦り」を感じ、夫(50.0%)よりも妻(70.0%)の方が「焦り」を感じている傾向が明らかになった。

一方で、「住宅購入の計画を早めるか早めないか」は全体でほぼ半数ずつに分かれ、購入のタイミングを見極めている様子がうかがえた。

住宅選びの3大ポイントは「価格」(88.5%)、「エリア」(71.5%)、「間取り」(49.5%)で、購入予算は「3,000万円以上4,000万円未満」が38.5%となりボリュームゾーンであることがわかった。

東京への居住志向については、「東京23区内に住みたい」が8割(80.0%)を占め、いずれの地区ともに「住み慣れている」や「交通や買い物などの利便性が高い」が主な理由として挙げられた。

中でも、「城南地区」では「資産価値が高い」「憧れている」「ステイタスがある」が他地区と比べ、顕著に高いことがわかった。

購入するなら「戸建」か「マンション」かを願望と現実でたずねたところ、約6割(55.0%)が「戸建を購入したい」ものの、現実的には「戸建」が3割以下(26.5%)に半減。

現実的な検討として「マンション」が7割以上(73.5%)を占めた。

住宅選びでは夫(48.0%)よりも妻(70.0%)の方が「こだわり」が強く、最終的に「妻のこだわり」が優先されることを夫(62.0%)も妻自身(68.0%)も認識している結果となった。