オリックス社長 井上 亮氏

写真拡大

■中国人、韓国人に学ぶ仕事への情熱

海外畑が長いため、これまで多くの外国人と一緒に仕事をしてきました。その経験からいえるのは、最近の日本人はハングリーさやチャレンジ精神に欠けているということです。

私が入社した36年前と今を比べると、オリックスは大きく成長し、優秀な日本の若者が多く集まるようになりました。ただ、私が若かったころにあった熱気のようなものがなかなか感じられません。これを大企業病というのかもしれませんが、リスクを取らず、些細なことでも上司の意見を聞かないと行動できなくなっているような気がします。

他方、元気があるのは韓国人や中国人の社員たちです。

オリックスの海外事業を担うグローバル事業本部では、韓国事業チームと中国事業チームをそれぞれの国の人たちだけで構成しています。韓国事業チームには9人の韓国人が所属していますが、それはもう賑やかです。

彼らは韓国語でワアワアと、喧々諤々の議論をします。ひどいときには机を叩いてお互いが納得するまで熱く話し合っています。私と彼らでいい合いになることも少なくありません。しかし、そうやって議論することによって新しいアイデアや案件が生まれ、商売につながっているのです。

韓国事業チームの隣に中国事業チームがあり、6人の中国人で構成されています。こちらはこちらで、中国語が飛び交いとても賑やかです。

ところが、その隣の日本人チームからはあまり声が聞こえてきません。韓国人や中国人と比べて理知的に仕事を進めているといえば聞こえはいいですが、私から見るとおとなしすぎて物足りません。

韓国人と中国人のハングリーさは、稟議書ひとつとってもわかります。彼らの作る稟議書はハートフルで、訴えたいことがひしひしと伝わってくるのです。なぜその仕事をしたいのか、その仕事にはどんなリスクがあって、それをクリアするためにどんな方法があるのかなどが、これでもかというぐらい書かれている。

それに比べ、日本人の書く稟議書は3分の1程度しか伝わってくるものがありません。要点はよくまとまっているかもしれませんが、もっと熱く訴えてくるものがあってもいいのではないかと思います。

だから私は日本人の社員に向かって「君たち、このままだったらそのうちポジションがなくなるぞ」と冗談半分で脅しているのです。

私はよく、国際経験が豊かだといわれますが、実は入社当初、まったく英語を話せませんでした。それなのに最初に配属されたのは国際部東京営業課。周りには英語に堪能な先輩たちがいて、部長からは「英語が話せない君が、なぜ国際部に来たんだ」と嫌みをいわれた。むしろ私のほうが知りたかったですよ(笑)。

あるとき、香港駐在の先輩の奥さまが病気になり、急遽、帰国しなければならなくなりました。そこで私が代わりに香港へ行くことになり、ブロークンイングリッシュで奮闘することになります。英語が話せるようになったのはそれからで、何事もチャレンジが大事。度胸と恥をかくことを気にしなければ英語に限らず外国語は身につきます。

■考える力、判断力を持つ人材は仕事からも学ぶ

オリックスが求める人材は、自分で「考える力」を持っている人です。仕事をしていくなかで、わからない言葉や用語が出てくると思います。特に若いころはいろいろと覚えなければならないことが多いものです。

例えば、金融用語で「L/C(Letter of Credit=信用状)」という言葉があります。貿易決済を円滑化するための手段として、銀行が発行する支払い確約書のことです。私が初めてこの言葉を耳にしたとき、すぐに書店へ行き、L/Cについて書かれた本を買って勉強しました。それでもよくわからなかったので、知り合いがいる銀行を訪ね、L/C担当の人をつかまえて詳しく教えてもらったことがあります。

最近の若い人は、こういう地味な作業をしなくなりました。わからないことをわからないままで済ましてしまう。だから、1つの案件を担当しても、表面だけを見て、深く考えずに進めてしまう。運よく案件を成立させたとしても、知識やノウハウが蓄えられないので、次に同じような案件を任されたときにうまく対応できないのです。

1つの仕事には、知識とノウハウを得られる要素がたくさん詰まっています。100の要素のうち、半分の50でもいいから知識とノウハウを蓄える仕事のやり方ができなければ、会社としても欲しい人材とはいえません。

また、「判断力」も重要です。案件を成立させていく仕事のなかで培った判断力は、必ず次の仕事に生きてきます。

自分で考える力と判断力を備えている人であれば、極端な話、性格はどうでもいい。常識の範囲内でガバナンス(企業統治)とコンプライアンス(法令順守)を維持できて、チームの和を乱さない限り、性格の善し悪しは関係ありません。

こういうと、欧米流のドライな経営者のように思われるかもしれませんが、私は社員とお酒を飲みながら話をするのが好きな、ウエットな経営者だと思っています。

日本人の社員ともよく議論をします。前言を翻すようですが、アグレッシブに仕事に取り組んでいる優秀な日本人社員もたくさんいます。そういう人たちを適材適所に配置してチャンスを与えることが大切です。社員1人ひとりが会社で輝けるようにするのが、社長である私の重要な仕事の1つだと考えています。

※すべて雑誌掲載当時

----------

オリックス社長 井上 亮
1952年、東京都出身。中央大学付属高校、中央大学法学部卒。75年オリエント・リース(現オリックス)入社。2005年執行役、06年常務執行役などを経て、11年取締役兼代表執行役社長・グループCOO就任。

----------

(百瀬 崇=構成 尾崎三朗=撮影)