「Hang in there!(頑張れ!)」を使う場面は?【知っているとちょっとカッコいい英語のコネタ】

写真拡大

日本語の「頑張れ!」はいろいろな場面で使われる便利な一言ですが、英語で何と言うのか困ったことはありませんか? 英語では場面によって変わりますが、苦しい状況に置かれた人を応援する場合はHang in there! といいます。

「その(状況の)なかで踏ん張っとけよ」という感じです。