大阪府、補陀洛山総持寺で室町時代から続く伝統神事「山蔭流包丁式」を実施

写真拡大

大阪府茨木市の総持寺で、いにしえの料理作法を奉納する「山蔭流包丁式」がとり行われる。

開催日時は4月18日(木)。

同神事では、山蔭(やまかげ)流の烏帽子(えぼし)と直衣(のうい)を身につけた板前が、包丁と真魚(まな)ばしで魚をさばき、生け造りを奉納する。

室町時代ごろから続けられているというこの神事は、古来宴席において、当主が座敷にまな板をしつらえ料理をし、来賓に見せたことに由来するという。

なお、「山蔭流」とは、総持寺の開祖・藤原山蔭にちなんだ名称とのこと。

詳細は、総持寺公式ホームページでみることができる。