つい信じてしまう!? みんなが家でやっているゲン担ぎとは?

写真拡大

科学が進化して人類が宇宙なんかにもどんどん出ていくようになり、宇宙旅行だって夢じゃなくなりました。

そんな時代になっても、私たちは古くからのいい伝えや風習、また各家庭でのしきたりやゲン担ぎなどが、いまだ頑なに守っているところがあります。

もちろん科学的に実証されているわけではないけれど、「それをしなければ落ち着かない」とか「そうすれば上手くいくんだ」なんて思ってしまう。

気分的なものかもしれませんが、私たちはまだまだゲン担ぎに縛られているようです。

テレビ番組ではないですが、地域やご家庭によってはビックリするようなゲン担ぎがあるのでは? と期待しつつ、「マイナビ賃貸」では、マイナビニュース会員500名にアンケートを実施しました。

■みんなが知らぬ間にやっている「風習・しきたり」は?Q.部屋に関する日本の風習やしきたりで、実践しているものはありますか?・北枕をしない        157名・畳の縁の敷居を踏まない   79名・靴の脱ぎ方に気を付ける   74名・神棚や仏壇を置く      41名・座布団を踏まない      39名・夜に爪を切らない      29名・西枕をしない        1名・夜に口笛を吹かない     1名・気にしていない       228名回答では、昔からよくいわれている「いい伝え」が多く、中には「座布団は踏まない」など礼儀作法からきているものもありました。

実際は実践しているものの、特に気にしていないという人が多かったのも今回の回答の特徴です。

本人が意識して実践するというより、家族がしているのでなんとなく習慣づいたといった感覚のようです。

■ゲン担ぎを実践している人は少数Q.あなたは家でできるゲン担ぎをしていますか?この質問にたいして、「している」と回答した人が19名、「していない」と回答した人は481名という結果になりました。

やはり特に気にしてはいない、という結果ですね。

Q.あなたが家でしているゲン担ぎを教えてください・初物を食べるときは東を向いて食べる(女性/35歳)・靴を履く順番(男性/37歳)・貰ってきたお守りを、朝日の当たる場所に置いている(男性/25歳)・お神酒を置く(男性/28歳)・勝利のダンスを踊る(男性/29歳)・台所に赤いものを置くといいと言われたので、キッチンマットを赤にしてる(女性/30歳)・ゴミをゴミ箱に向かって投げる。

入ると何かいい事が起きると信じている(男性/33歳)・カーテンの色や家具の配置などは風水を参考にしています(女性/29歳)・畳の縁の敷居を踏まない(男性/50歳)ゲン担ぎをしている人も、特別に何かをするというよりは、生活の中に習慣として馴染んでいたり、ちょっと気を付けたりするという程度のようです。

ゲン担ぎをしたからといって、確実なご利益があるわけではありませんが、気の持ちようひとつで随分と前向きになったり気分が明るくなったりするものです。

王道や正解はありません。

風水を利用したインテリアなど、負担にならない程度のゲン担ぎであれば、新しい季節から始めてみるのもいいかもしれませんね。

(文・エスタイル)アンケート対象:マイナビニュース会員調査時期 : 2013年3月13日〜15日調査数 : 500名(男性238名 女性262名)調査方法 : 回答者限定ログイン式アンケート