LIXIL 住宅のエネルギーを見える化する「みるる」登場

写真拡大

(株)LIXILは、同社がめざす「パッシブファースト」の考え方をさらに向上させる「アクティブ技術」を用い、住宅の電気、ガス、水道すべてのエネルギー使用量と、太陽光発電システムなどによる発電量、売電量を1台で見える化するHEMS「みるる」を2013年4月より発売する。
「みるる」は、専用のタブレット端末と、無線通信技術を組み合わせることで、従来各機器を接続するための配線工事を最小限にし、新築はもちろんのこと、リフォームや既存住宅への後付けにも簡単に対応できるHEMS。また電気の使用量メーター、発電量、売電量などのエネルギーを見える化するだけでなく、ガス、水道も専用の機器を用いることで、住宅のエネルギー全体を見える化することが可能となった。さらに、冷蔵庫やエアコン、テレビなど、最大29個の家電製品を個別に計測できるほか、部屋単位などの計測も可能となっている。
専用モニターは、7インチ画面の見やすいタブレット端末(OS:Android(TM)2.3)。通常のインターネット閲覧にも対応。なお同商品はエネルギー管理システム導入促進事業費補助金支給される対象機器に登録されている。