早稲田大学あるある






大隈重信が設立した「東京専門学校」を前身とする早稲田大学は私立の名門校です。優秀な人材を輩出する学校として知られ、また一方で「日本一サークル活動の盛んな大学」としても有名です。名門早稲田大学のあるあるを聞いてみました。



●どうしても体育会系のイメージ

なぜか体育会系というかそういうイメージがあって、自分はちっともそうじゃないのに、周りからそういうふうに見られる。(21歳/男性)



古い言葉でいうと「バンカラ」でしょうか。確かに世間はそうイメージしているかも。



●やたらと校歌を歌う!?

そんなことはないんだけど、なぜかやたら校歌を歌うと思われてない?(20歳/女性)



早稲田大学の校歌は学生じゃなくても知っている人が多いですよね。『天才バカボン』の「バカ田大学」にも引用されたりしていますので。



●校歌を歌うときは!

校歌を歌うときは右腕も力強く振る!(19歳/男性)



歌う人も多いのではと思われます(笑)。機会の問題ですかね。



●早慶戦は絶対に負けられない!

早慶戦は気合が違う。絶対に負けられない戦いがそこにある。(22歳/男性)



野球でしょうか。慶応義塾大学の人もそう思っているのでしょう。



●慶応は気にしないよ

慶応男子の方がもてるなんて聞いてもちっともうらやましくない。(20歳/男性)



こういうライバル意識を持っている学校があるのはいいですね。



●「学生ちゅもーく!」

早稲田の人は言う。早稲田の人しか言わない。(20歳/女性)



こういう気風をバンカラというと思います。



●100キロ歩く!

『本庄-早稲田100キロハイク』は早稲田一のバカ行事である。(21歳/男性)



毎年5月に埼玉県本庄市からゴールの早稲田大学大隈講堂まで、2日がかりで歩く行事です。なんと2013年で第51回を数えるそうです。



●新宿は根城である

高田馬場はもちろんですが、新宿も早稲田のテリトリーです。先輩から「昔は噴水に飛び込んだ」などの武勇伝も聞いています。(22歳/男性)



噴水に飛び込むのはいかんですな。バンカラなイメージは先輩たちが積み重ねてきたんですよ。



●医学部はないよ!

友達と居酒屋に行ったら後ろの方でコンパをやっていて、「早稲田の医学部です」と自己紹介してるヤツがいて思わず振り返りました。うちに医学部はねーよ!(21歳/男性)



早稲田大学のような名門校に医学部がないのは少し不思議な感じがしますね。



●『志乃ぶ』のおでんはお薦め!

50年以上近所でやってるおでん屋さんで、ちょくちょくOBの人たちも来ているそうです。安くておいしく飲めます。(22歳/男性)



全然分からないので(笑)調べました。都電荒川線早稲田駅にあるお店です。



●ワセ弁こそ至高の味

「ワセ弁」を愛せるかどうかで本当の早稲田の人間であるかが分かる。(21歳/男性)



調べました! 『わせだの弁当屋』というお弁当屋さんがあるそうです。揚げ物のボリュームに定評があり、コストパフォーマンスが良いとか。



●ラーメン多すぎ

いくら何でも近所にラーメン屋多すぎね?(20歳/男性)



学生さんが多いところに出店するのはラーメン商売の基本だからではないでしょうか。



●16号館危うし!

震度5の地震で倒壊するという噂があって。ウソだと思うんですけど。地震があると「大丈夫?」って思います。(20歳/女性)



いくら何でも大丈夫でしょう。



●昔は広末涼子さんが見られたのに!

昔はキャンパスを歩いている広末さんを普通に見られたのに。ものすごい美人でした。やはり芸能人は違うなあと思いました。また笑顔がかわいいんですよ。(32歳/男性)



OBの人ですね。広末さんが初登校するときは大騒ぎになったそうです。



●早稲田が楽しい理由

学年が変わってもキャンパスが一緒なのでいつもみんながいる感じでとてもいい。(22歳/男性)



学年でキャンパスが替わる大学も多いようですが、みんな一緒だと一体感が出るのでしょうか。



上記のネタを早稲田大学広報部にお送りして感想をお聞きしたところ「大学としてのコメントはありません」とのことでした。



なんだかとても楽しそうな早稲田ライフでございます。皆さんはどう思われますか?



(高橋モータース@dcp)