角川GHD、角川書店をはじめとする子会社9社を吸収合併。商号も変更

写真拡大

角川グループホールディングスは3月28日、6月22日に開催予定の定時株主総会の承認を条件として、10月1日付で連結子会社9社を吸収合併することを決議。

6月22日付で商号を「株式会社KADOKAWA」に変更する。

同社では、機動的な新規事業の展開を加速させるため、IP(コンテンツ)・ID(顧客)をひとつの会社に統合・結集する更なる組織再編が必要と判断。

激しく変化する外部環境にスピーディーかつダイナミックに対応し、収益力とキャッシュフローの向上を図るため、今回の合併を決定したという。

吸収合併するのは連結子会社である、角川書店、アスキー・メディアワークス、角川マガジンズ、メディアファクトリー、エンターブレイン、中経出版、富士見書房、角川学芸出版、角川プロダクションの9社。

商号は「株式会社 KADOKAWA」とし、出版事業、映像事業、版権事業、デジタルコンテンツ事業などを行う事業会社となる。

なお、2012年3月期の連結売上高において、同社と合併予定の角川GP及び連結子会社9社が占める売上高の割合は80%。

合併後は、これまで各事業会社が培ってきたコンテンツ創出力と個別のブランドを高めていく一方で、分散していた共通機能の集約化を進めていくとのこと。