東芝、太陽光発電に関する技術・システムを用いて太陽光発電事業に参入

写真拡大

東芝は同社グループ会社で発電時に発生した排熱を利用し、熱エネルギーを供給する「コージェネレーションシステム」により発電事業を展開してきたシグマパワー土浦を、「シグマパワー太陽光」に改称。

これを事業運営会社として、4月1日から太陽光発電事業を展開する。

シグマパワー太陽光は、同社横浜事業所(神奈川県横浜市)内に、発電出力1.5MWのメガソーラー発電設備を設置。

高効率のパワーコンディショナなど、同社グループが持っている太陽光発電技術により、発電効率の最大化を目指している。

年間の推定発電電力量は、一般家庭約550世帯分の年間使用電力量に相当する、約200万kWhとのこと。

さらに、東芝キヤリア掛川事業所(静岡県菊川市)、同社姫路工場(兵庫県姫路市)、同社姫路半導体工場(兵庫県揖保郡太子町)に、発電出力1.5〜2MWクラスのメガソーラー発電設備の設置を計画している。

2013年度内に合計6.5MWの電力供給を行い、今年10月には、川崎に開設予定のスマートコミュニティセンターや同社府中事業所(東京都府中市)にも太陽光発電システムを設置し、発電能力の拡大を図る。

同社では今後、太陽光発電事業以外にも、同社技術を活用した風力発電、地熱発電、小水力発電などの「再生可能エネルギー」による発電事業の拡大を検討していくとのこと。

詳細は、同社公式ホームページを参照。