片手操作でホバリングも自在。赤外線コントロールのヘリコプター新発売

写真拡大

バンダイナムコグループのシー・シー・ピーは4月26日に、赤外線コントロールのヘリコプターに新しいコントロールと機能を搭載した「M. I. HOVER-FALCON (エム アイ ホバーファルコン)」を発売する。

M. I.(Motion Intelligence)は、今までにないコントロール操作や飛行機能を備えた、新しいフライトトイのシリーズ。

第1弾となる「M. I. HOVER-FALCON (エム アイ ホバーファルコン)」のコントローラーは「加速度センサー」を搭載し、ボタンと片手の動きだけで直感的な操作ができる。

上昇・下降はボタン操作で行い、コントローラーを傾けるだけで前進、後進、左右回転、左右旋回の操作が可能。

ボタンをワンプッシュすると離陸し、設定された高度にくると自動ホバリングする「オートホバリング機能」も搭載している。

充電は本体とコントローラーをつなぐだけ。

約30分の充電で5分間の連続フライトが可能。

サーチライト付きなので、夜間フライト気分も楽しめる。

同製品は、ヘリコプター本体、コントローラー、スペアテイルプロペラ2枚、プロペラリムーバー1個がセット。

価格は6,279円。

同社は、同製品をエントリーモデルとして新規ユーザーの獲得を図っていくという。

更に遊び方が広がる新機種をM.I.シリーズ第2弾として開発中。

今後も初級から上級モデルまでをカバーした、フライトトイのフルラインナップを提供していく。