デアゴスティーニが模型で繋がるホビー系ソーシャルサイト「ホビコム」開始

写真拡大

デアゴスティーニ・ジャパンは、ホビー業界初となるソーシャルコマースサイト「ホビコム」の正式サービスを3月27日よりスタートした。

「古き良き模型づくりの醍醐味を満喫できる場所」をコンセプトに設立されたこのサイトは、町の玩具屋さんでかつて当たり前のように行われていた「自作模型披露の機会」や「模型製作へのアドバイス」、「新商品などの情報交換」など、模型ファン同士の交流を目的としている。

「商品の購入」「自作模型の写真」「日記の投稿」「メンバー間の相互コミュニケーション」などさまざまな機能を用意。

もともと「ホビコム」は、昨年12月17日にプレオープンしていたが、これらの機能を追加して正式オープンとなった。

「丹精込めて作った作品を、いろんな人に見てもらいたい!」という模型ファンには、作品を公開できる「ギャラリーページ」もあり、次作品の公開後にはその作品を見た他のユーザーが「ブラボー!」ボタンを押したり、作品に対してコメントやアドバイスをしたり、ユーザー同士の交流も可能となっている。

さらには、自分専用の製作日誌(日記)をつけることもでき、ホビーに特化したソーシャルコマースサイトとなる。

そのほか「お買い物」のコンテンツでは、数万点の模型関連商品が購入可能。

Amazonや楽天などでも購入できる上、自分で作るジオラマの中を”デゴイチ”が走る「NゲージD51ホビコム限定セット」や、オンロード・オフロードも気にせず遊べる「DRX Lancia Strators ホビコム限定フルセット」など、「ホビコム」限定商品の販売も予定されている。

なお、サイトで商品を購入すると1ポイント=1円換算のポイントも付与される。

無料会員登録を済ませると、登録したお気に入りの商品やカテゴリ、メーカーなどの関連情報を「マイページ」上に表示することが可能。

作品写真の投稿や製作日誌をつけている他のホビコムメンバーの活動状況も閲覧でき、情報収集にも最適なサイトとなっている。