”宇宙戦艦ヤマト”と何か関係ある?! 『イスカンダル計画』レポート(1)

写真拡大

「マレーシアのジョホールバルで、大規模な都市開発『イスカンダル計画』っていうのが進められていて、不動産投資の候補として面白そうなんだけど、投資セミナーに行ってみない?」友人に誘われ都内の某高級ホテルで行われた投資説明会に参加してみた。

担当者が気候や物価、英語の教育環境など移住先としてのマレーシアの魅力を次々とアピールする。

最近では不動産価格高騰に悩むシンガポール人が、国境を挟んでマレーシア側に不動産を買う例も増えているらしい。

実需が旺盛な分、移住せずとも投資先としても魅力的だという。

80平米の2LDKの新築マンションが約3,000万円。

マンションの建設前の前売り(プリセール)価格だ。

東京都葛飾区の新築マンションとほとんど同じ価格で驚いた。

完成と同時に「竣工プレミアム」を2〜3割上乗せして転売できるという。

なんだか胡散臭くてとても買う気にはなれない(と言っても、買いたくても買えないが…)。

だがそうした筆者の思いとは関係なく、「今回は特別に1ユニットだけ販売枠が残っている」という担当者の売り文句に、会社の役員風の男性は個別相談を申し出ていた。

イスカンダル計画とは何やら大げさな名前だが、『宇宙戦艦ヤマト』に出てくる「イスカンダル星」とは関係はない(はず)。

同計画が進められているジョホールバルといえば、1997年サッカー日本代表が初めてワールドカップ出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」で知られる。

シンガポールと海峡を挟んで向かい合う街だ。

「イスカンダル計画」の実態を調べるべく、週末を利用して、マレーシアの首都クアラルンプールとジョホールバル、そしてシンガポールに行ってみることにした。

マレーシアといえば、日本でも知られるようになった格安航空会社(LCC)エアアジアの本拠地だ。

さぞかし安いだろうと思ってエアアジアの料金を調べてみたが、羽田-クアラルンプール往復で5万8,000円。

旅行会社のツアー商品でも6万円代のものがあるくらいなので、決して安くはない。

とはいえ、LCCの乗り心地を確かめたかったので、エアアジアを選んでみることにした。

予約からチェックインまで全てネットで完了する。

ウェブチェックインを済ませ、搭乗券を印刷して持参すればよいのだが、そこには「7キロ以上の荷物には追加料金が必要」とデカデカと書かれていた。

荷物を預けるのは全て有料。

機内持ち込みでも無料なのは、7キロ以内で1個までだ。

今回は仕事ではなかったから良かったものの、パソコンその他諸々の仕事道具やスーツを持ち運ぶビジネスマンには”7キロ制限”はキツい。

搭乗口に行ってみると、案の定、ビジネスマンらしき人はいなかった。

搭乗前に荷物の重さを量られるのかと予想していたが、何も調べられることなく、機内に乗り込んだ。

結構、アバウトだなという印象だ。

席はほぼ満席。

座ってみた感じでは特に狭いということもない。

ただ、モニターが付いていないので、映画を見て暇つぶしということができない。

客室乗務員には日本人スタッフも何人かいた。

遅れがよく指摘されるLCCだが、定刻出発。

約8時間でクアラルンプールに到着した。

到着してから知ったのだが、着いたのはLCC専用空港だった。

クアラルンプールの市街地からは50キロ離れていて、バスで1時間半かかる。

これだけが唯一不便なことだった。

途中で気が付いたのは、多くの分譲住宅があったことだ。

しばらくナツメヤシの林の中を抜けていったが、高速道路に入ると真新しい戸建て住宅がいくつも見えてきた。

市街地が近づいてくると、有名なツインタワーが遠くに見えてきた。

同時に大渋滞にはまってしまった。