28.4%の女性が、デートに気乗りしない時に使う言葉【女性の本音と建前】

写真拡大

知り合いからデートに誘われても、何となく気乗りしないときってありますよね。

それが、社会人にとっての大切な休日ならなおのこと。

そんな本心は隠しながら誘いを断りたいとき、女性はどんな言い訳を使うのでしょうか。

マイナビニュース会員の女性550名に女性の心理をうかがいました。

Q.休みの日に、知り合いがデートに誘ってきたけれど、あまり気乗りしないときどう答えますか?(複数回答)1位 女の友人と遊ぶ約束をしている 28.4%2位 仕事が忙しくて予定がつかない 27.7%3位 予定が合えば行こう 27.4%4位 具合が悪い 21.0%5位 家族とでかける 12.4%■女の友人と遊ぶ約束をしている・「女友達を優先する=恋に発展しないとさりげなく伝えられそうだから」(25歳/生保・損保/事務系専門職)・「別の約束を入れてしまった作戦はかなり使えるし、相手も不快にならずすぐに諦めてくれる」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)・「先約があるといって断って代替日を提案しなければ、それでくんでくれると思うので」(27歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)■番外編:選択肢は多い方が良い・予定が合えば行こう「行きたくないわけじゃないよ、という姿勢を見せる」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・平日の方が都合が良い「平日なら仕事の後、数時間付き合うだけで済むから」(28歳/金融・証券/専門職)・どこに行くの?「行きたい場所なら、次のメールでOKするし、行きたくなければ、前後の予定を理由に断る」(26歳/通信/事務系専門職)休みの日に、知り合いがデートに誘ってきたけれど、あまり気乗りしない時の言い訳・建前の第1位は「女の友人と遊ぶ約束をしている」でした。

この断り文句には、ただ行きたくないというだけでなく、「女の友人」を優先させることで恋愛する気持ちはない、と言う本音も含まれているよう。

休日に誘ってこんな言葉が返ってきたら、悲しいですが「脈無し」と判断しましょう。

調査時期:2013年2月23日〜2013年2月28日調査対象:マイナビニュース会員調査数:女性550名調査方法:インターネットログイン式アンケート