東京都新宿に大塚家具×nendo佐藤オオキ、北欧テーマのセレクトショップ

写真拡大

大塚家具はデザインオフィス nendo(ネンド)とコラボレーションし、IDC大塚家具新宿ショールーム内に、北欧をテーマにしたセレクトショップ「EDITION BLUE(エディションブルー)」を4月5日にオープンする。

同ショップのコンセプトは、「洋服を選ぶようにインテリアを選ぶ」。

ブルーと白を基調にした開放感あるフロアには、北欧スタイルを中心に、イタリアン・モダンやヴィンテージなどを取り入れた家具や照明、雑貨などが並ぶ。

「このショップなら何を買ってもコーディネートが成功しそう」という安心を感じられる商品展開を行うという。

また、今回コラボレーションしたnendo代表の佐藤オオキ氏は、「家具を少しずつ育てるという感覚」というコンセプトも取り入れている。

これは、最初からインテリアをトータルにコーディネートするのではなく、「椅子」など気に入ったアイテムひとつから始めていくというもの。

ライフステージの変化に合わせ、3ステップのブースに分けた体験スペースを展開する。

ショップオープンに合わせ、100年以上の歴史を持つ曲木家具専門ブランド「秋田木工」の定番家具をnendoの佐藤オオキ氏がリデザインした新作家具も販売する。

4月5日には、椅子「Chair No.508n」「Chair No.500n」を販売。

その他、テーブル各種やスツール、ソファなど9種(予定)のEDITION BLUEオリジナル家具を販売する。

EDITION BLUEは、IDC大塚家具新宿ショールーム1Fに4月5日オープン。

営業時間は10時30分〜20時。

定休日はなし(年末年始を除く)。