神奈川県・横須賀美術館で70年代の音楽シーンを振り返る特別展を開催

写真拡大

横須賀美術館では4月14日まで、特別企画展「70's バイブレーション!」を開催している。

同展は、67年から80年初頭までの音楽の潮流を、写真・雑誌・映像・ファッションなど様々なフィルターを通して振り返るというもの。

主な企画として、アルバム・ジャケットや様々なポスターを中心としたアートワークや、様々なトピックスを交えた巨大なカルチャー年表「日本ポップカルチャー年表」、鋤田正義、井出情児、迫水正一といった写真家の手による「日本ロック写真展」、当時の音楽誌を中心とした「70'sライブラリー」などを展示。

壁面は、2,000枚を超えるアナログレコードジャケットで埋め尽くされ、また、貴重な映像の上映や名盤視聴会も開催する。

その他、トークショー「小坂忠×大野真澄」(3月30日 15時開演)、「なぎら健壱」(4月6日 14時開演)「鋤田正義×井出情児」(4月13日 14時開演)を行う。

開催日時は、3月16日〜4月14日(4月1日は休館) 10時〜18時。

入館料は1,000円で、高校生以下は無料。

会場は、横須賀美術館(神奈川県横須賀市鴨居4-1)。

また同展の開催に併せ、横須賀美術館に隣接する観音崎京急ホテルでは4月14日まで、「ナポリタン」や「クリームソーダ」など、「70's」を感じさせる”昔なつかし”のメニューを販売する。

場所は、同ホテル内の「ティー&カクテルラウンジ」。

70'sのBGMを聞きながら、期間限定メニュー「昔なつかし『ナポリタン』」「昭和の味をもう一度『ハヤシライス』」(共に単品1,650円)、「プレイバック思い出の曲と『クリームソーダ』」(800円)を楽しめる。

また、「70'sバイブレーション!」の入館券の半券を同ホテルで提示すると、”昔なつかし”のメニューの10%割引と同ホテルの温浴施設「SPASSO」の入館料半額のサービスが受けられる。

住所は、神奈川県横須賀市走水2丁目。