太った飼い主にペットも体型が似る!? - 46.9%がメタボ・その予備軍と回答

写真拡大

ペットの病気と健康に関する情報を発信するWEBサイトPetwell(ペットウェル)と日本ヒルズ・コルゲートは25日、「ペットと飼い主の体型」に関するアンケートの調査結果を発表した。

同調査は2月20日〜2月25日にかけ、Petwellのユーザーを対象にインターネット上で実施。

542件のサンプルを得た。

「飼い主とペットが似ているペアを見たことがあるか」を聞いたところ、「体型が似ているペア」を見たことがあると答えた人は73.6%と最も多く、次点の「顔が似ているペア」27.1%を大きく引き離した。

さらに、「体型が似ているペアを見たことがある」と回答したうちの87.0%が「ポッチャリとした体型」が似ていたと答えた。

印象に残っているペアの組み合わせとしては、犬ではフレンチブルドッグやパグなどの体型がしっかりした犬種が上位に、猫ではMIXが上位となった。

次に「自身とペットについて似ているところがあると思うか」を聞いたところ、「似ているところがあると思う」が33.4%、「少し似ているところがあると思う」が36%で、合計69.9%が似ているところがあると回答した。

また家族とペットについても、合わせて48.9%が「似ているところがある」と感じていた。

「どこが似ているか」については「行動・性格」が多く、自身については56.4%、家族については44.5%となった。

次に多いのは「体型」で、自身については19.1%、家族については25.7%が似ていると答えた。

「ペットの体型や体重を気にしているか」と聞いたところ、「かなり気にしている」が36.7%、「少し気にしている」が44.5%で、81.2%が気にしていると答えた。

一方で「ペットの標準的な体型や体重を把握しているか」との問いには、「詳しく把握している」が56.3%となった。

「ペットの体型・体重の現状」を聞いたところ、46.9%が「メタボ」「メタボ予備軍」だと感じていることが分かった。

そう感じる人の多くは「食事・おやつの量や内容」「運動不足」などと思い当たる原因があった。

調査の結果は「Petwell」で閲覧できる。