ほっこり癒されるレトロ空間! 国立天文台「星と森と絵本の家」へ行ってきました

写真拡大 (全6枚)

みなさん、こんにちは。アストロ・コミュニケーターの景山えりかです。うららかな春の陽気に誘われて、東京都三鷹市にある国立天文台へ行ってきました。

入口。看板のロゴがかわいい。

武蔵野の自然が残るその敷地内に「星と森と絵本の家」があります。ここは、大正時代に建設された国立天文台旧1号官舎を保存活用してつくられた展示施設。「星」「森」「絵本」「家」への関心をきっかけに、赤ちゃんから高齢者まで集えるコミュニケーションスペースとなっています。

靴を脱いだら、大正時代にタイムスリップ! レトロ感いっぱいの書斎もあります。

宇宙のイメージがいっぱいに広がる絵本展示室。

受付やホールのある管理棟から、施設のメイン部分へ進んでいく途中に中玄関があり、ここで靴を脱いで、いよいよ家の中へ。目の前には長い廊下が続き、障子を開けると欄間のある広々とした客間、書斎、日当たりのいい縁側もあって、まるで田舎のおばあちゃんちに来たみたいなんです!

寝転がって本を読みたくなる、広々とした客間。
広々とした庭では、のんびりと休んだり、竹馬をしたり、木工を楽しんだり。

初めて来たはずなのに、どこか懐かしくて、気分はほっこり。展示施設を訪問するとき、そこには"見学"という目的があるものですが、「星と森と絵本の家」では、まさに「遊びに来ちゃった」という表現がぴったりです。

昨年7月7日〜今年6月30日までは、絵本展示室にて『見る・知る・感じる 絵本展 「宇宙で いきてる」』が開催中。室内に足を踏み入れると、スズキコージさんの作品『大千世界宇宙大爆裂』が迫力いっぱいに迎えてくれ、まど・みちおさんの詩『一つぶよ』が心に響いてきます。宇宙をイメージしたという空間で、宇宙にまつわる絵本のページをめくっていると、宇宙の存在がとても近いものに思えてきて不思議です。

宇宙のほかにも、植物や動物など、自然・科学への関心につながる絵本がずらり。

読書室の書棚には、星や月、宇宙を感じる絵本がずらりと並び、星好きにはたまりません! 図書館とも、書店とも違う、何度も通いたくなる居心地の良い空間。ゆったりとした時間を求めて、また行くつもりです。

[三鷹市 星と森と絵本の家]
住所:〒181-0015 三鷹市大沢2−21−3 国立天文台内
TEL:0422-39-3401
開館時間:10:00〜17:00(入館14:30)
休館日:火曜日、年末年始(他にメンテナンス休館あり)
バスをご利用の場合:
『天文台前』または『天文台裏』下車
JR武蔵境駅から(所要時間約15分)
小田急バス【境91】狛江駅北口行き(武蔵境南口3番乗り場)
JR三鷹駅から(所要時間約20分)
小田急バス 【鷹51】調布駅北口行き(三鷹駅南口2番乗り場)
京王線調布駅から(所要時間約15分)
小田急バス【境91】武蔵境駅南口行き(調布駅北口11番乗り場)
小田急バス【鷹51】三鷹駅行き(調布駅北口11番乗り場)
京王バス【武91】武蔵小金井駅行き(調布駅北口12番乗り場)
MAP>>

(景山えりか)