なんで女性ってこんなにメールが好きなの!? 賢いメールのやり方とは

写真拡大

「どうして女性はこんなにメールが好きなのだろう」。

仕事で忙しいであろう時間にも、夜中でも朝でもお構いなし。

そしてその返事が来ないと「どうしてメールの返事をよこさないの?」「メールを打つくらいの時間もないの?」と怒ってくる彼女をなだめるのに一苦労している人も多いのではないでしょうか。

しかし、なぜ女性はこんなにメールが好きなのでしょうか。

そして、そんなメール好きの女性の恋愛心理を攻略するには、どうすればいいのでしょうか。

■メール好きの女性は、メールを『会話』だと思っている男性は、メールを「連絡ツールのひとつ」くらいに考えています。

たとえ相手が彼女でも用事がある時以外はメールを送らなくてもいいや、くらいに感じている男性もいるでしょう。

ですが、この姿勢を女性は非難しているのです。

メール好きの女性にとって、メールは連絡するための手段ではありません。

メールは『会話』なのです。

恋人とそのままおしゃべりしている感覚でメールを送ってくるのですから、「どうしてこんなくだらないことをいちいち報告してくるのだろう?」と男性を悩ませる理由はそこにあります。

なので、メールの返事が来ないと「私と会話をする気がないのね」「つまり、私のことを好きじゃないのね」と怒り出すというわけです。

■たまには甘い言葉をちりばめたメールを送るのが効果的それでは、メールが好きな女性とはどう付き合っていけばいいのでしょうか。

もちろん一番簡単なのは、女性がメールを送ってきたらすぐ返し、返信が来たらすぐ返し……と彼女のペースに完璧に合わせることです。

忠実なペットのように、彼女の言うことを聞くという方法です。

ただ、それができたら苦労しませんよね。

ですので、メールは自分の返したいペースで返した方がいいでしょう。

彼女に合わせて無理をしていると、交際は長続きしません。

その代わり、時々は彼女を喜ばせる、思わず保存したくなるようなメールを送ってあげましょう。

「好き」「愛してる」「かわいい」「美人」「君が大切」など、彼女が喜びそうなワードを並べてあげるのです。

こうしたメールは、女性の心を浮き立たせます。

女性の心をドキドキさせると同時に、「私は彼に愛されているんだ!」と彼女の気持ちを平静に保ってくれる役割をも果たしてくれるのです。

メールだからこそ、あえて甘い言葉を使ってみたり、ふだんは言えないような感謝の言葉を送ってみるのです。

そうすることで、彼女とは良好な関係を築けるでしょう。