<文部科学大臣楯争奪・全国高等学校ゴルフ選手権春季大会>
 中学生・高校生ゴルファーNo.1を決める文部科学大臣楯争奪 平成24年度・第33回全国高等学校ゴルフ選手権春季大会が滋賀県の瀬田ゴルフコースにて開幕した。
ジュニアゴルファー育成財団設立へ、理事に青木功、樋口久子
 大会1日目、昨年の春季大会で惜しくも2位と涙をのみ、今年リベンジにかける高校男子の比嘉一貴(沖縄・本部高2年)が首位スタート。また堀琴音(兵庫・滝川二2年)は首位から1打差の2位と共に好スタートを切った。
 ほぼ同じ時間にホールアウトした2人は共にJGAナショナルチームに選出されている仲良し同士。インタビュールームで笑顔の対面となった。
 比嘉は「去年、1打差で2位だったので、今年は全国春季大会にむけて調整してきました」と万全の準備で大会に臨んだことを語った。堀も「去年は出遅れで巻き返しての2位だったんですけど、今年は出遅れずにいいポジションで初日を終えられたのが成長出来ている証だと思います。いつも江連さんのところで先輩プロが身近にいる環境で練習してますし、今年は優勝目指して頑張ります」と悲願の全国タイトルに向けて目を輝かせていた。
 高校男子は29日(金)までの54ホールストロークプレー、高校女子と中学男女は28日(木)までの36ホールストロークプレーにて行われる。
 春季大会高校女子の部優勝者が国内女子ツアー「ニチレイレディス」の本戦に、優勝者を除く上位5名が「ニチレイレディス」の本戦出場権をかけた主催者推薦選考会に、高校ゴルフ連盟の代表選手として派遣推薦される。
 また、高校男子でも夏季大会・春季大会などのポイント最上位者が、同じく6月に開催される国内男子ツアー「〜全英への道〜ミズノオープン」に、高校ゴルフ連盟の代表選手として派遣推薦される。
【高校男子の部】
1位 68 比嘉一貴(沖縄・本部2年)
2位 69 奥田創志(大分・大分1年)
【高校女子の部】
1位 70 永峰咲希(宮崎・宮崎日大2年)
2位 71 佐野愛(京都・京都学園2年)、堀琴音(兵庫・滝川二2年)
【中学男子の部】
1位 70 岡崎 錬(岐阜・美濃加茂西2年)
2位 71 坂本雄介(埼玉・埼玉大教育学部付2年)、坂本将規(北海道・札幌平岸3年)、中山絹也(三重・大安3年)
【中学女子の部】
1位 72 勝みなみ(鹿児島・長田2年)
2位 74 小滝水音(茨城・大島2年)
<ゴルフ情報ALBA.Net>