『立花隆の書棚』

写真拡大

「知の巨人」立花隆さんの頭の中はどうなっているのだろう。膨大な情報を駆使し、整理して分析する。その圧倒的な知力は、立花隆さんの頭脳のどこに潜んでいるのか。頭脳を覗き込めないなら、その外付けハードディスクに当たる蔵書にヒントがあるのではないか。そのノウハウを借用できないか。

中央公論社から2013年3月に出版された『立花隆の書棚』(3150円)を、そういうつもりで読んでみた。

「蔵書は10万から20万冊かな」

立花さんの執筆活動は、テーマに関する書籍が並らんだ書棚のそばに置いた机で進められる。資料も付近の床に積まれている。別のテーマに移ると、机が関連書籍の棚へ移動する。

蔵書の本拠地は東京・小石川に建てた地上3階、地下2階の通称猫ビル、事務所兼書庫である。本人は、蔵書は10万から20万冊かな、という。本は基本的に捨てないから、蔵書は増える一方。書庫は増え、仕事場は移動し続けた。

猫ビルを中心に、写真家の薈田(わいだ)純一さんが書棚をなめるように精密撮影した。650ページの本のうち3分の1弱が書棚の本を接写した写真ページである。立花さんは「あまり気持ちのいいものではない。自分の貧弱な頭の中を覗かれているような気がする」と言っている。

立花さんは書棚を移動しながら、棚の本について説明していく。これが本文である。実に面白く、興味津々である。なぜこの本を買ったか、その中でも面白いのはどの本で、どの部分かを抜き出して解説する。聞き書き原稿を徹底的に朱入れして、ほとんど書き直すくらいに推敲するのが立花流。雑談を聞いているような、分かり易い文章である。

これまでの著書のテーマ分の蔵書があるのだから、解説は多岐にわたる。キリスト教の土着性、聖処女マリアの実像などは、これだけで立花解説1冊になるくらいまとまっている。学生時代から取り組んでいた神秘主義について、原子力の見方、物理学、イスラム世界、共産党、と思えば、男のスケベについて、などなど、好奇心の広がりは果てしない。

『ケチュア語入門』も

随所に「怪しい本」が登場する。「超瞑想と悟り」「テレパシーの世界」「中世の妖怪、悪魔、軌跡」……。怪しい世界まで好奇心を広げるのが、これも立花流である。「怪しいものほど楽しめます。嘘が面白い」「嘘とも本当とも言い切れない微妙な状況というのは、この世界に案外あるということです」と。

立花さんは原典に当たるを取材の基本に置いている。原文を読むため、ペルーの『ケチュア語入門』も読んでいた。

あまりの知の領域の広がりと深さに圧倒され、立花のように頭脳を磨くことは凡人には不可能であるということが思い知らされる。結局、この本の魅力は、現代社会、人類の歴史が持つ多くのテーマについて、立花先生のわかりやすい市民講座に仕上がっていることだ。宴席で知ったかぶりで披瀝できそうな薀蓄(うんちく)が一杯盛り込まれている。