「ビスコ」売り上げ、2012年は約52億円見込み。2年連続で過去最高

写真拡大

江崎グリコは、2013年2月で発売開始から80周年を迎えたクリームサンドビスケット「ビスコ」の売り上げが、2011年度に記録した過去最高記録(45億円)を更新し、2012年度は約52億円となる見込みであることを発表した。

「ビスコ」は1933年に発売開始した、酵母入りのクリームサンドビスケット。

創業当時より一貫して「おいしさと健康」を理念にあげており、この理念に基づいた「グリコ」に続く商品となっている。

2002年には若い女性を対象に「ビスコ<小麦胚芽入り>」を販売。

「カラダにやさしい健康感」を連想させる商品で、ビスコブランドの拡大につながった。

また、2007年には製造後5年間の長期保存が可能な「ビスコ保存缶」を発売。

家庭でも防災意識が高まる中、手軽にエネルギー摂取が可能な食料として支持され、2011年度の売り上げが前年の約10倍になった。

また、「東京都帰宅困難者対策条例」が4月1日から施行するに当たっての各企業・行政などの準備対応も一因となっているという。