静岡県立美術館のロダン館が再始動! 3/31はコンサートなどのセレモニーも

写真拡大

静岡県立美術館(静岡市駿河区)は、2012年10月1日から大規模修繕工事で休館していたロダン館を、2013年3月31日から再開することを発表した。

オーギュスト・ロダンは、19世紀を代表するフランスの彫刻家。

ロダン館は有名な「地獄の門」や「考える人」など、32作品を日本で唯一常設展示している。

再始動初日の3月31日には、ロダン館の新たなスタートを記念するセレモニーを開催。

静岡ゆかりの音楽家によるミニコンサート「ロダンが生きた時代のアートな音楽たち」では、ロダンの時代に始まった近代音楽を中心に、オッフェンバックのオペラから始まり、サンサーンス、フォーレ、ドビュッシーなどの楽曲を演奏する。

時間は11時〜、14時〜。

また、学芸員による作品解説も開催。

時間は11時55分〜、14時55分〜。

ロダン館セレモニーは10時30分から開催。

午前の部参加者のうち、先着50名にカフェ・ロダンオリジナルマグカップをプレゼントする。

また、セレモニー参加者全員に、ロダン絵はがきセットをプレゼントする。