石川県金沢は全国有数のカレー激戦区! 地元民が愛するカレー3選

写真拡大

金沢といえばお寿司など海の幸が有名だが、実はカレールーの消費量全国3位のカレー好きな土地でもある。

市内には「金沢カレー」から本格インドカレー店まで個性豊かなお店が点在し、地元の素材をふんだんに使った金沢人好みのカレーが提供されている。

そんな中でも、カレー好きな金沢人に熱く支持されているカレーを紹介しよう。

まずは、全国的にも人気を集めるご当地カレー「金沢カレー」。

一番の特徴はドロッと濃厚でコクのあるルーにある。

ルーをご飯が見えないくらいにたっぷりとかけて、その上にカツをドンと置く。

そして、付け合わせに千切りキャベツを添える。

これをステンレスのお皿に乗せてフォークで食べるのが、金沢カレーの定番スタイルだ。

そんな金沢カレーの人気店のひとつが「ゴールドカレー」。

平成17年(2005)に誕生し、石川県内に3店と店舗数こそ少ないが、地元の素材を使って丁寧に作る味が人気を集めている。

例えば、ルーには市内で栽培される特産のサツマイモ「五郎島金時(ごろうじまきんとき)」をたっぷり入れてとろみを出している。

また、県北部の能登(のと)で飼育される「能登豚」、地元でも希少な「河北潟(かほくがた)ポーク」など県内産の豚を使ったカツも楽しめる。

中でも注目は「河北潟ポーク」のカツだ。

河北潟ポークは、石川県中部にある潟湖「河北潟」で飼育された豚。

甘みたっぷりで柔らかく、まるで霜降り肉のよう。

現在、このお肉が食べられるお店はゴールドカレーだけということで、河北潟ポーク目当てに訪れるお客さんも多いそうだ。

地元では、こうした地産の食材が楽しめる上、「メニューが豊富で、何度行っても楽しめる」「サクサクで柔らかい揚げたてのカツがおいしい」「独特のルーが自分好み」と、数ある金沢カレー店の中でもゴールドカレー推しの人が増えている。

金沢カレーをより手軽に楽しみたいなら、レトルトもおすすめ。

様々な種類のものが発売されているが、中でもユニークなのが、女性向けに開発された「金澤べっぴんカレー」だ。

人気の金沢カレーだが、濃厚な味わいが女性にとっては少し重いことも。

そこで美容と健康を意識し、よりヘルシーに作られたのがこのカレーだ。

ジャガイモ、お肉の代わりにヒヨコ豆、高野豆腐が使われ、とっても低カロリー。

また、16種類の雑穀、ミネラル豊富な能登海洋深層水塩、コラーゲンやヒアルロン酸など女性にうれしい食材・成分をプラスしてある。

もちろん金沢カレー独特の、ルーのドロッとしたとろみも再現されている。

実際に食べてみると、見た目も香りも金沢カレーらしく濃厚さも感じられるが、具材がヘルシーで小さくカットされているのでとても食べやすい。

購入するのはやはり女性が多く、「味はパンチがあるのに胃にもたれず気軽に食べられる」「ダイエット中でも大好きなカレーが食べられてうれしい」といった声が寄せられているそうだ。

レトルトカレーでは珍しいピンクのパッケージも目を引く。

そのかわいらしさから、女性向けの金沢土産としても人気を集めているという。

レトルト商品だけでなく、販売元の「アプサライ」のカフェでは、メニューのひとつとして提供されているので、べっぴんになりたい女子は、是非足を運んでみよう。

金沢には、本格的なインドカレーを楽しめる店も多い。

中でも、ご当地カレーが一堂に集まる「石川県ご当地カレー選手権」で2年連続人気NO.1に輝き、金沢人から圧倒的な支持を集めているのが「インドレストランシャルマ」だ(以下、「シャルマ」と表記)。

「石川県ご当地カレー選手権」は、来場者数2万人を誇る石川県のカレーの祭典。

県内10数軒のカレー店が集結し、1食500円で自慢の一皿がふるまわれ、来場者の投票により順位が決定される。