表 女性向け40代論対象書籍

写真拡大

■TOPIC-5 不安と焦りが再燃する女性40代

さて、最後は40代女性論です。30代論では、20代論のスタートラインであった不安・迷い・焦りを振り切り、これからが「本当の人生だ」とする、明るい基調の著作が多かったように思います。しかし40代論になると、再びそのスタートラインはやや暗い基調のものになります。

「『仕事にやりがいは感じているけど、ずっとこのままでいいのかしら』『今までは年齢なんて意識したことはなかったけど、最近気になってきて……』『仕事も恋愛も楽しんできたけれど、気がつけばひとり』 うまくいっているときはいいのですが、何かうまくいかないことがあると、つい消極的になったり、またはそんな自分を認めることができずに、必要以上に頑張りすぎてしまったり……。『これから先の人生を、どんなふうに生きていけばいいのか』 ふとそのようなことを考え、不安や焦りを覚える人は多いようです」(浅野、1-2p)

「『私の人生、今のままでいいのかしら……』『何かやり残したことがあるのでは……』 この本を手にとってくださったみなさんの中にも、こんなもやもやした思いを抱いている方がいらっしゃるのではないでしょうか」(近藤、3p)

「かつては悩んだとき『これでいいんだろうか』と考えたのに、気づくと『これで良かったんだろうか』の過去形で考え始めている。今の40代ならでの難しさは、自分でもどうネーミングしていいのかわからない『揺らぎ』の時期のせいなのではないか……と思うのです」(中山、5p)

TOPIC-2で述べたように、現代日本の女性にとって、仕事、恋愛、人間関係、結婚、出産といった事柄は、「別でありえたかもしれない自分」の可能性を想起させるものになっていると考えられます。20代において主に想起されるのは「未来に向けての可能性」ですが、40代においてそれは、自分の過去の人生は「これで良かったんだろうか」という回顧に姿を変え、ときに後悔の源泉となる場合があります。ここに再び、20代論とはやや質の違う不安・迷い・焦りが生じてくる――40代論のスタートラインはこのように捉えることができます。

しかし、解決策は20代論と同様です。人と比較するのではなく、自分自身の価値観を問い直し、「『自分は何をしたら幸せと感じるか』をきちんと自己分析」(近藤、16p)すること。そこで見つけ出された「ありのままの自分」を受け入れ、愛すること(金盛、148pおよび、横森、125p)。「今ないものに未来を託すのではなく、あるものをより輝かせること」(浅野、33p)、等々 。こうして、「自分だけの『幸せの法則』を見つけ出」(浅野、4p)そうというわけです。これまでと同じですね。

ここでは具体的な手法として、中山庸子さんの『楽しくつくって、願いをかなえる 40歳からの「夢ノート」』での事例を紹介しておきたいと思います。同書では、他人と自分の人生を比較するような考え方からは、「長女のネタミ・次女のソネミ・三女のヒガミ」という「ネガティブ三姉妹」が生まれてしまうと述べています(7p)。そのため、他人と比較することをやめ、特に「ネタミ」という感情のなかに含まれている「欲張りさ」を「夢」に変えていくことで(9p)、不安や迷いを昇華させ、楽しく日々を過ごせるようにしようというのです。

より具体的には、自分のなかにある「虚栄心」について、そのいいところをとって「向上心」に変えることなどが推奨されています。他にも、「執念深さ」のいいところを「粘り強さ」に変える、「後悔」は「教訓」に変える、等々(40p)。こうして、「夢のタネを蒔く前に取り除いておきたい『ゴミ』や『小石』」(38p)を処分するという「デトックス」(41p)を行ったうえで、あとは自分の夢に向かって日々頑張ろうというわけです。

このように、40代でもまた「自分らしさ」を取り戻すことが根本的な解決策として示されています。「ねばならない=must」ではなく「したい=want」を基調に据えること(中山、55p)。自分を信じ受け入れることで、自分に自信を持ち、自分の人生の選択を前向きに捉えられるようにすること(横森、124、183p)、等々。女性向け「年齢本」の基本的な論理は、以下の言及に端的に表われているような、自分を中心とする世界観の(再)獲得にあると結論づけることができます。

「結婚することも子供を持つことも、それが人生の目的ではありません。いつの場合も、人生の中心には自分がいて、本人が幸せでありつづけることがもっとも大切な目的です」(浅野、117p)

■「心」の問題としての加齢

40代女性論において初めて登場するトピックに「加齢」があります。端的に老いと表現される場合もありますし、エイジングといった言い換えがなされる場合もありまし、「『更年期』という大きな川」(横森、3p)というより具体的な論点が示される場合もあります。しかしいずれにせよ、どの著作でも多かれ少なかれこのトピックが扱われています。

とはいえ、このトピックの扱い方は恋愛、外見、食といった、これまでに扱ってきたトピックとほぼ同様です。まず、加齢という不可避の事態の読み換えが行われます。

「若いということと、若さは根本的に違うものなのです」(浅野、45p)

「肉体的なエイジングは、命あるものに等しく訪れ、抗うことも逃げることもできません。せいぜいエイジングのスピードを落とすくらいしかできません。でも、心は違います。その気になりさえすれば、いくらでも変えることができるのです」(金盛、6p)

「何歳になってもあきらめず、チェンジやチャレンジを怖れないでほしいと思うのです。新しいことに挑戦しているときは、内面から若々しさがにじみ出てきます。肉体はともかく、心の若さはキープできる、それどころか若返ることだって可能です」(近藤、6p)

運動をして、肉体的な若々しさと健康を保つことも言及されてはいますが、これらの言及から見てとれるのは、「若い」という年齢上の問題、いわば客観的な問題を、「若さ」という主観的な問題に置き換えようとする態度です。加齢の問題もまた「心」の問題へ、「心の若さ」という問題へと書き換えられるのです。

こう置きかえられるならば、次に何を行うかは予想ができますよね。そう、以下のような、考え方の啓発です。

「自分の生活にある程度のルールを決め、自分自身に起こる変化を楽しんでいると、老化に伴うさまざまなことも気にならなくなります。緊張感を持って毎日を暮らしていれば、自然と体は引きしまり、老化自体も遠ざかります」(浅野、46p)

「『もう』とか、『この年で』とか、自分を規定しまったあとには、なんの新しいことも起こりません。ワクワクも、ドキドキもありません。『お化粧やスキンケアで、なんとか若さを!』というのも悪くはありません。でも、心と体に若さをもたらすのは、何よりもワクワクとドキドキなのです」(金盛、22p)

好奇心を保ち続け、ポジティブに物事を捉えること、感受性を高め保ち続けること。他にも、よく笑うこと、自分を労わるように日々自分自身に話しかけること、感謝の心を持つことなどの手法が紹介されています。「老いのスピードを左右するのは、心の使い方一つ」(浅野、131p)ともあるように、「心の使い方」をもって加齢に立ち向かおうというわけです。金盛浦子さんの『ウェルカム・エイジング』では、脳のしくみという観点から、先に紹介したような手法の効用が説明されてもいます。

ただ、すべてが「心の使い方」で解決できるというわけではありません。たとえば浅野裕子さんの『40歳からの「迷わない」生き方』では、洗顔・保湿の仕方、シミやシワへの向き合い方などが言及されています(131、143-145p)。「肌に自信がつくと、自分に自信がつきます」(142p)ともあるように、「心」以前の前提として、身体(特にこの場合は顔)のケアが置かれているのです。

横森理香さんの『40歳からハッピーに生きるコツ』でもこれは同様です。同書では、「おなかも顔も垂れ、セルフ・エスティーム(自分に対する好意的評価)が持てなくなって、落ち込む」ことを防止するために、「健全な精神は健全な肉体に宿るイコール健康第一、カラダ系に走る」(41p)ことが推奨されていました。具体的に挙げられているのはヨガやピラティス、ベリーダンスですが、いずれにしても40代論では、「心」を下支えする土台として、身体のケアがしばしば言及されるようになっています。

男性向け「年代本」でも、40代論になると身体のケアへの言及がなされるようになっていました。具体的には、ウォーキング等の運動が推奨されています。しかしこの場合は、脳を活性化してアイデアが出やすくなるといった仕事面でのプラスを見込んで、あるいは体重増加や病気の予防といった純粋に健康面でのプラスを見込んでの推奨でした。一方女性向け「年齢本」の場合は先の例にあるように、自信をつけるため、落ち込むことを防止するという文脈における言及でした。このように、同じ身体のケアへの注目であっても、その文脈に男女差が見られるわけです。

ところで、なぜ女性向け「年齢本」にばかり自信や自己肯定感という問題意識が登場するのでしょうか。逆に言えば、なぜ「年代本」をはじめとする男性向け自己啓発書において、自分に自信がない、自己肯定感を高めたいといった文言がほとんど登場しないのでしょうか(これは身体のケアという文脈に限りません)。

これは男性の方が自己肯定感が高いから、という単純な話ではないと思われます。社会学者の研究グループ・青少年研究会が2002年に行った16〜29歳調査によれば、「今の自分が好きか」という質問に「大好き」「おおむね好き」のいずれかを答えた割合の合算値は、男性72.1%、女性69.2%でした(調査概要については浅野智彦編『検証・若者の変貌――失われた10年の後に』18-23p参照)。つまり、男女での自己肯定感はほとんど変わらないのが実情なのですが、なぜか女性の生き方を論じる著作ばかりで、自分に自信を持とう、自分を好きになろうという文言が踊っているわけです。不思議ですよね。

端的に述べれば、これは社会的につくられた、望ましい「男らしさ」「女らしさ」、つまり「ジェンダー」という観点から解釈できる問題です。男性について言えば、自分のことを好きではない男性もいるかもしれないが、そのことに拘泥するような男性は望ましくない、だからトピックに上がってこないのだということです。女性についてはその逆で、自分が好きかどうかに拘泥しない女性もいるかもしれないが、女性が何よりも取り組むべき問題は自分を認め好きになることだという女性観のもとに「年齢本」が書かれているということです。つまり、男性向け「年代本」、女性向け「年齢本」の分析から見えてくるのは、この社会における「男らしさ」「女らしさ」の現状なのです。

さて、次は全体のまとめ・考察に進みますが、その前に女性向け「年齢本」の論理――そこには女性とはどのような存在で、どのようであるべきなのかが示されている――を確認しておきましょう。「年齢本」の基本論理は、「自分らしさ」の獲得にあります。「別でありえたかもしれない自分」への迷いを断ち切るべく他人との比較をやめ、「ありのままの自分」を受け入れて「自分自身の幸せの形」を見つける。そして自分自身の人生を自らの責任で請け負い、切り拓いていくように自分を変える――。

このような論理は恋愛、それに連なる結婚から、ファッション、美容、食、加齢等々、あらゆる対象において貫徹されています。これは美意識の自己変革という文脈で用いられているものですが、八坂裕子さんが『40歳からの「ひとり時間」の愉しみ方』で用いている「ひとり革命」(25p)という言葉が、女性向け「年齢本」の全体的な特徴を端的に表しているように私は思います。

■主婦論争の延長にある「年齢本」

「自分自身の幸せの形」の発見を称揚する女性向け「年齢本」では、多様な生き方が肯定されています。結婚していようがいまいが、仕事をバリバリとこなしていようがいまいが、「自分らしく」生きているのならばそれは誰にも非難されるべきことではない、と。具体的には以下のようにも言及されています。

「40代でシングルという女性が増えています。自分の生き方として『今はひとりでいる』という選択をして、自信を持って生きている。そんな姿は、大人の女性として、とても美しく輝いて見えます。現代は、ライフスタイルも自由になりました。結婚していないからといって、女性の価値が低く見られるような時代でもありません」(浅野、97p)

「自分と違う生き方をしている女性に向かって『それは心細い』とか『さみしいに決まっている』とか『誰か家にいなくっちゃ』とかは決して言わない。本人がそれがいい、と思っているとしたら全く僭越なことだし、心ならずも、だとしたらますます言うべきことではない。それは同情という類のものでなく、大人として当然の仁義と思うからである」(中山庸子『中山庸子の30歳からの生きかた手帳』 、109p)

このような言及について、何を当たり前のことを、と思うでしょうか。しかし、このような考え方は少し前まで当たり前ではありませんでした。この点について、TOPIC-2では生涯未婚率という観点から説明を行いましたが、ここでは妙木忍さんの『女性同士の争いはなぜ起こるのか』を参照してもう少し考えてみましょう。同書は、女性のあるべき生き方をめぐってなされてきた戦後日本の論争について整理・考察する著作ですが、同書のサブタイトルに「主婦論争」とあるとおり、論争は主に主婦のあり方をめぐってなされ続けてきました。

この論争は第6次まであったとされていますが、近いものについて見ておきましょう。第4次の論争はタレントのアグネス・チャンさんが仕事場に子どもを連れて出勤したことをめぐる、いわゆる「アグネス論争」(1987-1988)。第5次論争は専業主婦が自明ではなくなった時代における専業主婦の是非を問う論争(1998-2002)。そして第6次論争は酒井順子さんの『負け犬の遠吠え』(2003)に端を発する、いわゆる「負け犬」論争です(2003-2005)。

第6次論争についてもう少し解説します。この論争は、「未婚、子ナシ、30代以上の女性」としての「負け犬」(酒井、7p)と、「普通に結婚して子供を生んでいる人達」(酒井、8p)を区分するところから始まりました。妙木さんは、「負け犬」という名づけには「既婚か未婚かで女性に勝敗をつける社会への批判的な皮肉が込められており、そのような勝負からは自ら降りてしまおうという戦略がある」(207p)と述べます、自ら「負け」とまず言ってしまうことで、女性は結婚すべきだという規範を相対化し、「それでも自分の生き方や満足感は自分が判断するという立場を表明」(208p)のだ、と。

結婚するか否かも含めて自分の選択と責任の問題とする「年齢本」の基本論理は、この第6次論争において初めて大々的に主張されるようになった考え方だといえます 。専業主婦に限った場合でも、主婦としての役割を自分自身で引き受けることが重要だ――女性は当然そうだからというという他律的な考えではなく、自分が心からそうしたいと思っているのならば肯定できる――とする考え方は第5次論争になって初めて登場するものです。女性の生き方をめぐる論争と自己啓発書。これらは一見関係がなさそうに見えるのですが、「年齢本」の内容は、こうした主婦論争の動向と連動しているのです。

さて、ここでこのテーマ冒頭で掲げた私の課題に立ち戻ってみましょう。つまり、女性向け自己啓発書において「女性の生き方」はどのように論じられ、また男性はどのように論じられているのか、です。「女性の生き方」についてはこれまで論じてきましたので、男性に関する点を最後に考えてみます。

男性向け「年代本」では、女性はあくまでも男性の伴走者でした。いかにも都合のいい女性像だということもできるかもしれません。しかし女性向け「年齢本」でもこれはさして変わりません。何よりも大事なのは「自分らしさ」であって、人生のパートナーとしての男性はあまり登場しないか、登場しても彼の人生は彼のもの、と突き放されている場合がほとんどです。さんざん調べて当たり前のことが確認されただけかもしれませんが、男性向け女性向け関係なく、自己啓発書というのはつまるところ、自分が自分が、というメディアなのだと思います。

次回は「手帳術」をテーマとして、日常生活を自己啓発の素材とする技法について、もう少し掘り下げてみたいと思います。

----------

『40歳からの「迷わない」生き方』
 浅野裕子/三笠書房/2010年

『40歳からの人生を輝かせる50のヒント』
 近藤典子/光文社/2012年

『楽しくつくって、願いをかなえる 40歳からの「夢ノート」』
 中山庸子/大和出版/2008年

『ウェルカム・エイジング』
 金盛浦子/佼成出版社/2011年

『40歳からハッピーに生きるコツ』
 横森理香/ウェッジ/2010年

『40歳からの「ひとり時間」の愉しみ方』
 八坂裕子/PHP研究所/2010年

『中山庸子の30歳からの生きかた手帳』
 中山庸子/海竜社/2006年

----------

(牧野 智和=文)