東京都渋谷区「たばこと塩の博物館」が休館。墨田区にリニューアルオープン

写真拡大

東京都渋谷区にある「たばこと塩の博物館」は、建物および設備の老朽化と、展示・収蔵スペース不足を解消するため東京都墨田区横川に移転。

これに伴い、9月1日をもって渋谷での営業を終了する。

同博物館は、たばこと塩をテーマとし、その歴史や文化を伝える博物館として、1978年11月3日に開館。

約35年間にわたって、常設展示のほか、様々な企画・特別展や講演会などを実施してきた。

渋谷での営業終了に先立ち、常設展示に加え2回の企画展を開催するほか、開館35周年記念特別展として「渋谷・公園通り たばこと塩の博物館物語(仮称)」を、7月27日から9月1日まで開催する。

なお、墨田区横川に新設される博物館は、日本たばこ産業が所有する敷地内に移転し、2015年春頃に開館する予定とのこと。