新雑誌「DRESS」表紙モデル米倉涼子が伊勢丹新宿をジャック

写真拡大

 4月1日に創刊される日本初のアラフォーシングル女性向け雑誌「DRESS(ドレス)」と伊勢丹新宿店のコラボレーション企画が、3月27日から実施される。表紙モデルを務める米倉涼子の大型ビジュアル幕が本館壁面を飾るほか、誌面で着用されている10枚のドレスをショーウィンドウにディスプレイ。伊勢丹新宿店を「DRESS」の世界観がジャックする。期間は4月9日まで。

「DRESS」の米倉涼子が新宿伊勢丹をジャックの画像を拡大

 「DRESS」は、秋元康やエイベックス・グループ・ホールディングスの松浦勝人、幻冬舎の見城徹、サイバーエージェントの藤田晋を迎え設立された会社gift(ギフト)が発行する40代独身女性向けの新雑誌。編集長は、同社の代表取締役社長であり光文社「STORY」「美 ST」の元編集長で「美魔女」ブームの仕掛人とされる山本由樹が務める。「DRESS」では「100年先の女性の生き方を応援する」をコンセプトに「Project DRESS」を展開し、第一弾の企画として「女のための女の内閣」を発足。同誌のファッションディレクターを担当する大草直子や脚本家の北川悦吏子など各分野で活躍する女性9名を大臣に迎え、ウェブ上のコラムで新たな提言を発信している。

 今回のコラボレーション企画では「米倉涼子と10枚のドレス展」と題して、誌面のビジュアルと米倉涼子が着用しているドレスを展示。ドレスは伊勢丹新宿店限定商品として販売が予定されている。また、創刊号の誌面企画で別冊「DRESS×ISETAN BOOK」を制作。リモデルオープンした伊勢丹新宿店の館内を紹介する内容で、創刊号に差込むほか伊勢丹新宿店館内で配布する。

■Project DRESS
 http://p-dress.jp/