エイプリルフール傑作選




エイプリルフールはウソを楽しむ日。最近では、各企業のサイト、個人のサイトを問わず、4月1日になるとさまざまな「ウソ」がネット上に現れるようになっています。エイプリルフールのウソの傑作を調べてみました。





まとめサイトの発達で最近のエイプリルフールのネタはあちこちで散見されますので、比較的古く、あまり知られていなさそうなのを掘ってきました。



■ウガンダのアミン復活!



2001年のタンザニア「Sunday Observer」紙がビックリするようなレポートをしました。



タボラ(タンザニアの都市)でパニックが起こりました。ある農民が、キルトを着て、メインストリートを歩くウガンダの独裁者イディ・アミンを見たのだ。イディ・アミンは、武装した側近の兵士、自分の子供37人を連れていた。



4月1日にちなんだむちゃくちゃなウソでした。ちなみに「人食い」も大ウソで、彼は菜食主義者で「鶏肉しか食べなかったのでは?」といわれます。



■時速270kmを出す剛腕新人!



『スポーツ・イラストレイテッド』は1954年に創刊された米スポーツ雑誌の代表格です。その有名誌が1985年4月1日に誌面に掲載したのが……、



「フロリダ、メッツのキャンプ場にシド(シドはシッダールタの略)・フィンチなる新人プレーヤーが現れた。彼は最速で168マイル(時速268.8キロ)の球を投げる。103マイル(時速164.8キロ)なんてざらだ」という記事でした。



「残念ながら彼の進路はまだ決まっていない。野球選手になるか、フレンチホルンの奏者になるか、彼はまだ決めてない。彼がどう決断したかは4月1日にメッツに告げるようだ」と記事は結ばれていました。



ウソだと分からなかった読者からの反響が同誌に殺到したそうです。ご丁寧に、彼の人生についてアドバイスを送ったお便りもあったそうで(笑)。



ウソですよー!



■スパゲティは木になる!?



イギリスは、時に日本人にはついていけなくなるようなキツい冗談を好む国です。国営放送のBBCは4月1日には必ずウソのニュースを流す局として知られています。さすが『モンティ・パイソン』を放送していた局というべきでしょう。



1957年にはドキュメンタリー番組で「害虫を駆除し、暖冬の影響かスパゲティが大豊作です!」とやりました。ドキュメンタリー番組というのがポイントで、「そうか、スパゲティは木になるのか」と思った人が多く出たそうです。ホントでしょうか(笑)。



■『第三の選択』大騒動の顛末



これもイギリスです。『第三の選択』というウソのドキュメンタリー番組が製作、放映されました。これは、アングリア・テレビ製作の『サイエンス・レポート』が1977年4月1日に最終回を迎えるので、同社がエイプリルフール向けに製作したものでした。



内容は「やがて地球は汚染によって人が住めなくなる。そこで火星をテラフォーミングで住めるようにして、選ばれた者だけを火星に移住させる。実はこの計画はすでに進んでいて米ソは共同で事に当たっている」というもの。



一笑に付されるはずだったのですが、実際の放送日が6月20日になってしまったこと、また余りに真に迫った演出のためか、信じる人が続出(笑)!



日本ではあの矢追純一さんのUFOシリーズとして、木曜スペシャル『UFOと米ソ宇宙開発の陰謀!人類火星移送計画が極秘裡にすすめられている!?』のタイトルで放映されました。



そうなんです。あくまでもノンフィクションの体(てい)で放映されたのです。どうも日本は真面目でいかんですな。番組自体がウソなんですよー(笑)!



■中島みゆきにだまされた!



中島みゆきさんは、ラジオ番組『オールナイトニッポン』を1979年-1987年担当していました。1986年の4月1日、「この放送、テレビにも中継されています!」という中島みゆきさんの声に、リスナーの多くが慌ててテレビの電源を入れました。



……ウソだったのです(笑)。中島みゆきさんは月曜日担当で、オールナイトニッポンは25時スタート。その年は3月31日が月曜日で、25時は4月1日の1時でした。騙されたリスナーは深夜にがっくり肩を落としたのでした。



■ビッグベンをデジタル化します!



これは1980年にBBCが報じた傑作です。「ビッグベン(ロンドンのランドマークの大時計台)をデジタル化します!」というもので、みんな「その可能性がある」と思ったのか、信じた人から抗議の声が殺到したそうです(笑)。



「ついては(時計の)針を連絡してきた最初の4人のリスナーに販売する」という部分があり、すぐに日本の船員から連絡があったそうです。エイプリルフールは、どうも日本人には分が悪いようです。



■朝日新聞も頑張ったんだけど……



日本の朝日新聞がエイプリフールにウソ記事を出したことがあるのをご存じでしょうか。1999年に「首相、閣僚に外国人登用」として、閣僚に外人枠を設けるとの冗談記事を出したのです。



ところが読者からは「ほかの記事の信ぴょう性も下がる」と非難ごうごう、「いかがなものか」といった投書が寄せられたそうです。またこの紙面には「このページには架空の記事が一つあります」という注意書きがあったそうです。



このへんもどうもヤボというか、うまくない感じがしますね。ただし書きがないともっと批判が増えたでしょうか。



■宇宙人を捕まえたよ!



世界一有名な「宇宙人捕獲写真がエイプリルフールのネタだった」ことが発見されたのは、2012年4月のことでした。トレンチコートを着込んだいかめしい二人が、身長70cmの不思議な生き物を真ん中にして立っている写真のことです。誰でも一度ぐらいは見たことがあるでしょう。



この写真はずっと出所が謎でした。しかし、実はドイツの『ノイエ・イルストリーアテ』という雑誌の1950年3月29日号、エイプリルフール用の記事に掲載された写真だったことが分かったのです。



「宇宙人がどの惑星から来たかは分からないが、この写真はほかのニセモノ写真と違って唯一の本物」というキャプションが入っているそうです(笑)。ドイツ人もやりますね。



まだまだネタは尽きないのですが、きりがないのでこのへんで。皆さんは、エイプリルフールに面白いウソをついたことがありますか?







(高橋モータース@dcp)